【病気の知識】

急性・慢性の気管支炎

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな病気

 急性の気管支炎は、風邪などによる上気道の炎症が下気道まで及び、気管や気管支が炎症を起こす病気です。多くは、上気道のウイルス感染(風邪症候群)に引き続いて起こりますが、細菌の感染が合併することもあります(混合感染)。一般的に経過は良好で、肺炎と違って重症化しないのが特徴です。通常は1~2週間で治癒しますが、時には症状が1か月以上も続くことがあり、俗に言う"風邪をこじらせた"状態に当たるかもしれません。

どんな症状

 気管支の炎症により、咳、痰が必発します。痰は、細菌の感染が合併すると粘り気が出て、黄色味がかってくるのが特徴です。時には、痰がなかなか切れなくて、気管支喘息のようにゼーゼーという喘鳴が出ることがありますが、喘息のように呼吸困難を伴うことは稀です。炎症が強ければ、発熱を伴ったり、血痰を伴う場合もあります。症状は、ウイルス感染や細菌の感染の程度により異なりますが、咳が最後まで残ることがあります。

どんな診断・検査

 診断は、ほとんどの場合、問診により判断がつきますが、肺炎や肺結核など重大な病気との鑑別のために胸部レントゲンによる検査が重要です。肺炎や肺結核では、レントゲン写真に異常陰影が見られますが、急性の気管支炎の場合は、そのような異常は見られません。

 そのほかの検査では、採血して白血球数やCRP(炎症が起きているかどうかをみる検査法の一つ)などの炎症反応によって炎症の程度を判定することも重要です。ウイルス感染では、白血球数やCRPはあまり変化しませんが、細菌感染の合併がある場合には、これらの値が上昇します。

どんな治療法

 ほとんどは風邪症候群による気管支炎ですから、治療は対症療法が主体となります。つまり、咳に対しては鎮咳薬、痰に対しては去痰薬を用います。熱があれば解熱薬を併用します。抗生物質はウイルス感染には無効ですから、原則的には用いません。ただし、発熱が続いたり、痰に色がついている場合には、細菌感染の疑いが濃厚ですから、抗生物質を投与すべきでしょう。血液検査で白血球やCRPの上昇が認められた場合も同様です。

どんな予防法

 風邪にかからないようにすることがもっとも大切です。特に子どもや老人、心臓病や慢性の呼吸器の病気を持っている人、糖尿病にかかっている人は、この病気になりやすいので注意してください。

 外出するときにはマスクをかけたり、帰宅時にはうがい、手洗いを怠らないようにしましょう。また、風邪の予防には、免疫力を高めるビタミンAやCが効果的だといわれています。ふだんから、これらの成分を多く含む食品、たとえばビタミンAではレバー、うなぎ、パセリ、にんじんなど、ビタミンCではブロッコリー、芽キャベツ、菜の花、ピーマン、いちご、小松菜、ほうれん草などを積極的に摂りましょう。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇