>  > 更年期をのりこえよう!(あゆみクリニック院長 宮沢あゆみ)
「更年期をのりこえよう!(あゆみクリニック院長 宮沢あゆみ)」の記事一覧

ジャーナリストから医師へ転進し、患者と十分に時間をかけて向き合う診療スタイルには定評がある著者は、女性の心と体を丸ごと診る「女性総合外来」の草分け的存在。更年期障害をよく知ることで一緒に乗りきるための処方箋を綴る。

脳内ホルモンと自律神経の微妙な乱れから生じる更年期の不快症状

更年期には脳内ホルモン(神経伝達物質)の分泌のバランスも崩れるのではないかと考えられている。脳には無数の神経細胞(ニューロン)が張り巡らされている。神経細胞と神経細胞の間には僅かな隙間があり、その隙間に神経伝達物質が放出されることによって細胞間の情報伝達が行なわれている。な…続きを読む

脳内ホルモンと自律神経の微妙な乱れから生じる更年期の不快症状
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫