>  > これから起きる“内部被ばく”の真実を覆う、放射能の「安心神話」(北海道がんセンター名誉院長 西尾正道)
「これから起きる“内部被ばく”の真実を覆う、放射能の「安心神話」(北海道がんセンター名誉院長 西尾正道)」の記事一覧

福島原発の事故は、多くの人に甚大な被害を及ぼした。ところが政府は、事故後の十分な検証を怠り、内部被ばくによる健康被害の実態を覆ったまま、原子力政策を再開。がん患者3万人の放射線治療を通じ、日本のがん医療を改善・推進してきた医師が、その”デタラメ"に警鐘を鳴らす。

無視できない“極めて不均一な”内部被ばく~細胞によって被ばく線量は大きく異なる!

東京電力福島第一原発事故からもうすぐ5年。政府は2020年東京五輪までに原発避難者をなくすために、強引に避難指示を解除し、賠償や住宅提供の打ち切りを進めています。 政府の方針は「自立」を前面に押し出し、いまだ汚染の残る故郷への帰還か移住の二者択一を原発避難者に迫っていま…続きを読む

無視できない“極めて不均一な”内部被ばく~細胞によって被ばく線量は大きく異なる!
スマホでオンラインゲーム依存〜1日で課金15万円! 依存者は国内で420万人!?
インタビュー「スマホゲーム依存の実態と治療法」第1回:久里浜医療センター・樋口進院長

日本の成人のうち、ネット依存の傾向のある者は男性は4.5%、女性は3.6%。その数は約421万人と推計されるという。全国にさきがけてスマホゲーム依存症の治療に取り組んでいる独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長に、スマホゲーム依存の実態と治療法について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘