「プルーム・テック」を売ったJT社の戦略とは? 日本でだけ加熱式タバコがブレイクしたワケ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「メディアが書けない」新型タバコの本当のリスク

 また同書では、「メディアが書けない」、いわゆる「新型タバコ」の本当のリスクにも迫るっている。

 JT社は、今年1月に従来の「プルーム・テック」に加え、約200度の高温で加熱する新型「プルーム・エス」を発売した。田淵医師によれば、<これを伝えたニュースなどは、JTのプレスリリースの内容がそのまま報道されたものばかり。残念ながら、この出来事に潜む問題点は伝えられていない>という。

 問題点とはこうだ。2016年に発売開始されたプルーム・テックは紙巻タバコに比べ、匂いも有害物質も「1%未満」であることを売りにしていた。それから3年後にリリースされた高温仕様の「エス」が、「テック」と比べて有害物質が明らかに多い新商品であることはいうまでもない。その戦略的なからくりを、田淵医師は次のように指摘する。

<プルーム・エスでは、紙巻タバコと比べ、匂いは「5%未満」で、有害物質量が「10%未満」と示された。これは、プルーム・テックと比較すれば、匂いは5倍、有害物質は10倍だ>

 加熱式タバコの健康リスクや受動喫煙被害については、未だ確実な安全性は担保されていない。その一方で、前述のカムフラージュシールが、デバイス同様に「ガジェット好き」な日本人にバカ売れしている現実――東京オリンピック・パラリンピックを控え、いよいよ受動喫煙対策が本格スタートする今、タバコ企業の次なるプロモーションに注視したい。(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆