古代ギリシャの医師ヒポクラテスも手を焼いた「悪い風邪」インフルエンザの正体

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でも江戸時代からインフルエンザが流行か

 日本の最も古いインフルエンザの記録は、『三代実録』(862年) の「1月自去冬末、京城及畿内外、多患、咳逆、死者甚衆…」という記述だ。その後、『源氏物語・夕顔』(1008年頃)に「この暁よりしはぶきやみには侍らん」、『大鏡』(1010年)に「一条法王がしはやぶきやみのため37歳で死去」と記載されている。また『増鏡』(1329年)にも「今年はいかなるにか、しはぶきやみはやりて人多く失せたまうなかに…」との記述が見られる。

 医学書においては、日本最古の医学書『医心方』(丹波康頼)(984年)にある「咳逆(之波不岐/しはぶき)」が、風邪症候群、肺炎、肺結核、インフルエンザなどの兆候を差し示している。

 江戸時代に入ると、インフルエンザを連想させる「かぜ」「はやりかぜ」の記述が多くなる。1776年に流行した「風邪」は、当時人気の高かった浄瑠璃「城木屋お駒」という“毒婦”の祟りにちなみ、「お駒風」という呼び名がつけられた。その後も流行した風邪には呼び名がつけられ、1784年は横綱の谷風梶之助が苦闘した「谷風」、1802年は八百屋お七の小唄に由来する「お七風」、1807年はねんねんころころ節にちなむ「ネンコロ風」、1821年は小唄の”ダンホサン・ダンホサン”が囃し立てた「ダンホ風」などに民衆は苦しめられてきた。

 「薩摩風」「津軽風」「琉球風」と流行地を冠したネーミングが多いのも、インフルエンザの強い感染力を表してのことだろう。1856年の開国で下田に上陸した米国人が流行らせた「アメリカ風」という呼び名も残っている。ちなみに、インフルエンザを『印弗魯英撒』と『医療正史』に初めて訳したのは、江戸神田の種痘所を立ち上げた伊藤玄朴(1800~1871年)だ。

 そして、明治維新の御一新に湧く世相が冷めやらない1874年2月の関西と、8月~10月の関東で猛威を振るった「稲葉風」がインフルエンザの最初の大流行となる。その後、1890年にインフルエンザが世界的に蔓延してからは、日本では「流行性感冒(流感)」と呼び習わし、1951年2月2日付けの官報で「インフルエンザ」を公式用語として使用した。

 世界的な視野から見れば、1917年~1919年にかけて大流行したインフルエンザ「スペイン風邪」の恐るべき余波は、全世界で罹患者6億人、死者2000~4000万人、日本で罹患者2300万人、死者38万人を軽々と呑み込んだ。当時の日本の新聞を見ると、流感熱に浮かされたような大見出しが躍っている。「流感の恐怖時代襲来す!一刻も早く予防注射をせよ!」。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆