高校野球で熱中症対策が新たな風物詩に 甲子園観戦で搬送者続出

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すでに熱中症や日射病で救護・搬送者が

 そして、こうした専門家たちの事前の杞憂が開幕当日、(高野連の用意周到さに反して)現実の数値となって具現化された。

 大会本部によれば5日、球場内の救護室には計47名が訪れ、内訳は<選手0名/観客32名/その他15人>。うち病院搬送組が5件、32名が熱中症や日射病を疑われた。


 一方、自らネットで16日間通し観戦が出来る「前売り通し券」(4万4800円也!)を事前購入。いざ甲子園球場に足を運んだ結果、想定外の地獄ぶり(=盲点)を痛感したのがタレントの伊集院光氏だ。

危険!? 甲子園から出られない「前売り通し券」

 彼が自身のラジオ番組で明かしたところによれば「いちばん確実に座れる席」を確保できる件の通し券、その日入場すると「(途中で帰る以外は)いっさい甲子園から出ることができない」条件付きだったとか……。

 つまり、第1試合のあと、次の観戦希望が第4試合だったとしても「外出不可」。なので第2・第3試合中も球場内に「缶詰め状態」を強いられるという理不尽さなのだ。

 さらに中座した人の空席分が出ようが表のチケット売り場では「入場券はありません」という皮肉な有り様。改善を呼びかける伊集院氏、曰く「予想どおりのマイナス面がすごい出ている」。

 ロックフェスのリストバンド方式に習うとか、いくらでも観客対策は考えられるだろうに……「偉い人の挨拶、計ったら5分19秒だった。いらないって」とは、前出・伊集院氏が開会式に寄せた苦言である。これが一番の酷暑対策かもしれない。

(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆