インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツだけでなく仕事のパフォーマンスも上がるかも!

 インソールの機能が年々注目を集めるようになり、アシックスやプーマといったスポーツシューズメーカーもインソールの開発に乗り出している。1000~2000円ほどで既製品のインソールを購入できるほか、1万円以下でセミオーダーができる場合がある(シューズは別価格)。

 そしてフルオーダーに応じてくれるのが、インソールメーカーだ。大平さんが所属しているメーカーの場合は、その人の身長と体重、筋肉の質、体の柔軟性、関節の可動域などをチェックしてから、目的に応じてインソールを作る。1足およそ4万円だが(インソールのみで、シューズは別価格)、ビジネスシューズからスポーツシューズまですべての靴にインソールを入れる人は珍しくないそうだ。「インソールによって足の裏に靴がピッタリとフィットするようになり、長時間履いていても疲れにくくなるからでしょうね」と大平さん。

 インソールでスポーツだけでなく仕事のパフォーマンスも上がるかもしれない。試してみる価値はある。
(取材・文=森真希)

★インソールに関する問い合わせ
日本フットケアサービス株式会社(http://jfcs.sakura.ne.jp/)
★足の不調に関する診療・検診
足のクリニック(http://ashi-clinic.jp/)


大平吉夫(おおひら・よしお)
日本フットケアサービス株式会社 代表取締役社長。○○○○年、○○県生まれ。1993年 中部リハビリテーション専門学校卒業。1993年 有限会社えびす義肢共同設立 。2002年 米国Langer Biomechanics社 バイオメカニクス研修 。2005年 米国San Antonio Foot&Ankle Center Dr,Glenn A.Ocker,DPM(足病専門医)と顧問契約締結、米国Integrity Orthotic Laboratories ,Inc との装具製作技術提携を開始。2006年 日本フットケアサービス株式会社設立。

森真希(もり・まき)
医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆