インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツだけでなく仕事のパフォーマンスも上がるかも!

 インソールの機能が年々注目を集めるようになり、アシックスやプーマといったスポーツシューズメーカーもインソールの開発に乗り出している。1000~2000円ほどで既製品のインソールを購入できるほか、1万円以下でセミオーダーができる場合がある(シューズは別価格)。

 そしてフルオーダーに応じてくれるのが、インソールメーカーだ。大平さんが所属しているメーカーの場合は、その人の身長と体重、筋肉の質、体の柔軟性、関節の可動域などをチェックしてから、目的に応じてインソールを作る。1足およそ4万円だが(インソールのみで、シューズは別価格)、ビジネスシューズからスポーツシューズまですべての靴にインソールを入れる人は珍しくないそうだ。「インソールによって足の裏に靴がピッタリとフィットするようになり、長時間履いていても疲れにくくなるからでしょうね」と大平さん。

 インソールでスポーツだけでなく仕事のパフォーマンスも上がるかもしれない。試してみる価値はある。
(取材・文=森真希)

★インソールに関する問い合わせ
日本フットケアサービス株式会社(http://jfcs.sakura.ne.jp/)
★足の不調に関する診療・検診
足のクリニック(http://ashi-clinic.jp/)


大平吉夫(おおひら・よしお)
日本フットケアサービス株式会社 代表取締役社長。○○○○年、○○県生まれ。1993年 中部リハビリテーション専門学校卒業。1993年 有限会社えびす義肢共同設立 。2002年 米国Langer Biomechanics社 バイオメカニクス研修 。2005年 米国San Antonio Foot&Ankle Center Dr,Glenn A.Ocker,DPM(足病専門医)と顧問契約締結、米国Integrity Orthotic Laboratories ,Inc との装具製作技術提携を開始。2006年 日本フットケアサービス株式会社設立。

森真希(もり・まき)
医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。

スマホでオンラインゲーム依存〜1日で課金15万円! 依存者は国内で420万人!?
インタビュー「スマホゲーム依存の実態と治療法」第1回:久里浜医療センター・樋口進院長

日本の成人のうち、ネット依存の傾向のある者は男性は4.5%、女性は3.6%。その数は約421万人と推計されるという。全国にさきがけてスマホゲーム依存症の治療に取り組んでいる独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長に、スマホゲーム依存の実態と治療法について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘