国内喫煙者(約2000万人)が電子タバコ「IQOS」「ブルーム・テック」に転向!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型タバコの「喫煙OK」ステッカーが

 火を使わない新型タバコ「ブルーム・テック」で迎え撃つJT社(日本たばこ産業)も、小泉光臣社長が今年5月のロイター取材に対して「2018年末までに約500億円を投資」「紙タバコ換算で約200億本の生産体制を整える」と明言。

 ちなみに「ブルーム・テック」の生産体制は、17年末の紙巻きタバコ換算で「約50億本」であるから、これは計画比で実に4倍もの規模拡大となるわけだ。

 そして斯界の勢いとシフトの本気度を物語る最新の話題が、前掲のフィ社・JT社に加え、「グロー」を売る英国ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の競合大手3社が提携して「ステッカー」を共同制作したという動きだ。

 つまり、従来の「紙タバコはNG」でも「加熱式タバコはOK(なエリア)」が一目瞭然という表示ステッカーであり、先月から自治体や外食店などへの配布が開始されている。

 というのも大手3社が「ポスト紙タバコ」として市場拡大を有望視している新型タバコ、その「扱い」に関しては各自治体の条例や施設・店舗ごとの基準が現時点でバラバラ。厚生労働省でさえ「規制対象から除外する/しない」は「施行までに判断する」という曖昧な態度で足踏みしている。

 また、一説には加熱式タバコの健康影響(疾病との関連)を証明するには20年を要するともいわれており、となれば3年後の祭典は「加熱式OK」という玉虫色なおもてなし五輪になるのが濃厚かも。

 上記の<OKステッカー>には各社の製品ロゴが並び、「紙巻き禁止」のマークも掲載されているが……、さて、このいかにも「禁煙後進国」らしいOK/NG兼用デザイン、ビジネスや観光で訪れた豪州の方々の瞳にはどう映るだろうか!?
(文=編集部)

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛