国内喫煙者(約2000万人)が電子タバコ「IQOS」「ブルーム・テック」に転向!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型タバコの「喫煙OK」ステッカーが

 火を使わない新型タバコ「ブルーム・テック」で迎え撃つJT社(日本たばこ産業)も、小泉光臣社長が今年5月のロイター取材に対して「2018年末までに約500億円を投資」「紙タバコ換算で約200億本の生産体制を整える」と明言。

 ちなみに「ブルーム・テック」の生産体制は、17年末の紙巻きタバコ換算で「約50億本」であるから、これは計画比で実に4倍もの規模拡大となるわけだ。

 そして斯界の勢いとシフトの本気度を物語る最新の話題が、前掲のフィ社・JT社に加え、「グロー」を売る英国ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の競合大手3社が提携して「ステッカー」を共同制作したという動きだ。

 つまり、従来の「紙タバコはNG」でも「加熱式タバコはOK(なエリア)」が一目瞭然という表示ステッカーであり、先月から自治体や外食店などへの配布が開始されている。

 というのも大手3社が「ポスト紙タバコ」として市場拡大を有望視している新型タバコ、その「扱い」に関しては各自治体の条例や施設・店舗ごとの基準が現時点でバラバラ。厚生労働省でさえ「規制対象から除外する/しない」は「施行までに判断する」という曖昧な態度で足踏みしている。

 また、一説には加熱式タバコの健康影響(疾病との関連)を証明するには20年を要するともいわれており、となれば3年後の祭典は「加熱式OK」という玉虫色なおもてなし五輪になるのが濃厚かも。

 上記の<OKステッカー>には各社の製品ロゴが並び、「紙巻き禁止」のマークも掲載されているが……、さて、このいかにも「禁煙後進国」らしいOK/NG兼用デザイン、ビジネスや観光で訪れた豪州の方々の瞳にはどう映るだろうか!?
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純