愛煙家や分煙支持派……中村獅童も驚愕!<軽いたばこ>が肺腺がんを招く!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「軽い煙草もない五輪」へ

 問題は一見(一聞?)軽さが良さげに映るフィルターの穴効果が「煙草の燃え方を変える点にある」と、Shields氏らは指摘している。

 「燃え方が変わることで、喫煙者はより多くの煙を吸い込んでいる。より多くの発がん性物質や突然変異誘惑物質が生みだされ、それ以外の有毒物質も含まれている」

 「そんな煙が肺の奥のほうまで量的に到達するため、肺腺がん発症の要因になっていると思われる」

 穴開き煙草の隆盛と、過去20年間の肺腺がん増加現象とは「今回の解析結果によって、明確な関連性が示唆された」と研究陣は説いている。

 とりわけ憂慮されるのが「現在嗜まれている人気の煙草種が事実上、総て穴が開いているという点だ」と、彼らは警告する。

 「メーカー勢は、これらの煙草がより安全であるかのように思い込ませてきた。実際はより多くの害を及ぼすにもかかわらず、軽い煙草という印象で喫煙者や医療関係者、ひいては公衆衛生のコミュニティーを欺いてきたわけである」

 研究陣は今回の知見を根拠に、規制当局に対して「軽い煙草」の禁止と危険性の啓蒙を呼びかけている。

がん患者と医療者ら220人以上が「たばこ煙害死なくそう!」

 一方、そんな注目論文の話題と歩調を合わせたかの如くわが国でも、がん患者と医療者ら220人以上が発起人となり、厚労省案の「建物内禁煙」実現に向けた活動が旗揚げされた。

 スローガンも「たばこ煙害死なくそう。受動喫煙のない国に」と鮮明にして簡潔な内容で、ネット上の賛同者を募り、国会議員らに届ける計画だ。

 SNSやブログ上での賛同投稿も呼びかけ、ハッシュタグも「#たばこ煙害死なくそう」「#禁煙声明賛同」「#受動喫煙で死にたくない」などの添付を提案している。

 こうした狼煙に火を点けたのはもしかしたら、あの軽率議員の「(がん患者は)働かなくていいんだよ!」という軽口野次だったかもしれない。願わくば「軽い煙草もない五輪」の2020年成就としたいものである。
(文=編集部) 

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆