受動喫煙対策で厚労大臣が腰砕け~WHO最低レベルの<おもてなし五輪>開催か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「たかが煙」の医療費総額は?

 喫煙しない人も受動喫煙が原因で病気になり、そのぶん余計に負担のかかる医療費はいったいどのくらいか。

 研究班は今回の推計に際し、「たばこ白書」(国の検討会が昨年発表)上で受動喫煙との因果関係が「確実」視された肺がん、虚血性心疾患、脳卒中の3種について分析を行なった。

 具体的には、家庭内や職場環境下で長期/間接的に煙を吸い込んだ40歳以上の人たちを対象とし、その余計ぶんの医療費(2014年度)を算出した。

 その結果、疾患別の医療費/患者数の内訳はこうだった。

 肺がん(335億円/約1万1400人)、虚血性心疾患(1941億円/約12万9600人)、脳卒中(955億円/約10万1400人)――つまり、1年間で計3231億円もの医療費が「確実」な受動喫煙被害によって、余計に出費されるという計算だ。

 これら被害患者たちが治療で仕事を休むために生じる「経済損失」も、3つの病気の合計で約820億円にのぼることが推計された。

「ホタル族」は駆除されるのか?

 ちなみに火災による年間被害総額は1350億円(総務省統計)とされ、そのうちタバコが原因の火災は約10%前後を占めるので年間130億円前後。

 総務省消防庁によれば、タバコが原因の建物被害のうち、出火場所がベランダやバルコニーの事例が増加中(2005年4.6%→2014年11.5%)なんだとか。

 一方、14日、いわゆる「ホタル族」を駆除するための団体、「近隣住宅受動喫煙被害者の会」の結成が明らかにされて耳目を集めた。

 代表の荻野寿美子さん自身、医者から受動喫煙症と診断されて以降、ベランダ喫煙の注意喚起声明をマンション内に貼るも効果なし…近隣関係の悪化を敬遠し、管理側への要請で解決を計ったために5年の歳月を要した体験者だ。

 こうして民間での解決/改善策が日々推し進められる一方で、自民党の厚労部会では「たばこのない五輪」もどこへやら。

 過日、小池百合子・東京都知事が「先手」とばかり、都議選の公約の柱の一つに「厚生省案」に近似した受動喫煙対策を掲げる考えを示したが……。

 さて、「お・も・て・な・し」の行方はどうなるのか。滝川クリステルさんの意見を仰ぎたいものである。
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真