長寿世界一は256歳だった!? 中国の李清雲さんが語る長寿の秘訣とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20年後には人類は不老不死を手に入れる?

 英ケンブリッジ大学研究員で老年医学を専門とするオーブリー・デグレイ博士は、不老不死の研究に本気で挑んできた。2009年にはSENS(老化防止のための工学的戦略)とよばれる国際的な基金を創設し、ハーバード大学など世界中の研究機関との共同研究を進めている。そしていくつかの条件を克服すれば、20年後に、人類は不老不死になるという主張をしているのだ。興味のある方はこちらの動画も。

李清雲さんは長寿の秘訣を一生変わる事のない、穏やかな呼吸と内面の調和が驚くべき長寿を可能にしているとしているが、現代にストレス社会でこうした生き方はまず不可能だ。だとすれば最先端の科学が人類の見果てぬ夢を可能にする日が来るのか?
 
 デグレイ博士の予言では20年後だ。
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真