ジャンクフード、砂糖、ソーダに課税~導入の進む「肥満税」が世界を救う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肥満税の実施国では賛否両論!

 2016年10月には、世界保健機関(WHO)が、砂糖を多く含む清涼飲料水への課税強化を加盟国・地域に呼びかけている。

 WHOによると、世界の肥満人口は1980年から2014年にかけて2倍以上増加し、成人の約40%が太りすぎだという。「課税で加糖飲料の価格を20%引き上げれば、消費を20%減らす効果がある」ということだ。

 しかし、実施国では賛否両論がある――。

 たとえば、ソーダ税を導入したメキシコでは、同じ年の末までに清涼飲料水の販売が10%減少したという。その一方で「ソーダをやめた人は、同程度、糖分が含まれるオレンジジュースを飲んでいる可能性がある」との指摘もあり、そこは未解決だ。

 メキシコにおける取り組みが肥満問題を解決できるかは、長期的な観察が必要だろう。

 また、2011年に世界で初めて食品に含まれる「飽和脂肪酸」の量に対して課税を始めたデンマークは、翌年早々に制度を廃止した。

 理由は、食品価格の高騰により、国民がこぞって隣のドイツに出かけて。バターやクリーム、チーズなどを買い求めたからだ。結局、高脂肪食品の消費は減らないうえ、国境近くの商店が立ち行かなくなる事態となり、この取り組みは失敗に終わった。

同じような制度は、日本では考えられない?

 日本でも肥満税を取り入れる日は来るのだろうか?

 砂糖税については、厚生労働省の有識者懇談会が、砂糖をアルコールやタバコとともに健康リスクと位置づけ、課税強化を検討すべきだと提言している。

 しかし、日本にはサトウキビの生産者を保護する「調整金制度」があり、それを消費者が負担している。今も割高な砂糖を買っているところに課税となれば、業界の猛反発は免れないだろう。

 また実際、諸外国に比べると日本は肥満問題の深刻度がまだ低い。厚生労働省の資料によると、40~60代の日本人男性の約3人に1人は「ボディマス指数」が25以上の「肥満」という結果が出ているが、WHOやアメリカでは30以上が「肥満」となる。そうなると、日本の肥満率はアメリカの10分の1程度だ。

 いずれにせよ、限られた一部の食品が肥満を引き起こしている訳ではない。肥満対策の基本は、一人ひとりが健康に良い食事を理解し、バランスの良い食生活を送ることだ。各国のこうした政策が本当に肥満の改善につながるかは、中長期にわたって見守るべきだろう。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆