シリーズ「冬こそ注意したいちょっとした病気の兆し」第6回

冬に乳幼児が感染しやすい「ロタウイルス」~腹膜炎を併発して命の危険も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 症状が現れたら、まずどのように処置するべきか? トイレでは、使い捨て手袋を使用し、汚物を衛生的に処理する。石鹸や流水による手洗い、うがいを励行する。お尻は、ただれないようにぬるま湯でよく洗う。

 おもちゃ、ドアノブなどをうすめた塩素系漂白剤でふき取って消毒する。オムツは、熱湯やハイターでよく消毒し、他の洗濯物とは分けて洗濯しよう。

 下痢で体内の水分が失われると、脱水症になるので、電解質を含むイオン水、湯冷まし、ホットミルクなどを飲ませる。嘔吐しないように少量を何度も分け与える。吐き気のある時は無理に飲ませたり、食べさせない。糞便や尿の回数、嘔吐の有無、飲水量などを記録しておけば、治療に役立つだろう。

 ロタウイルスは、感染力が強いので、乳幼児たちの接触で感染が拡がりやすい。保育所、幼稚園などの集団生活は避け、下痢が治まるまでは自宅待機させよう。

 ただし、下痢と嘔吐が同時に起きる、水分が十分に摂れない、唇が乾いてかさかさしている、尿の量・回数が減る、顔色が悪い、泣き声が弱々しい、呼吸が苦しそうなどの症状が少しでも現れたら、迷わず小児科を必ず受診してほしい。脱水状態が続くと命に関わることをゆめゆめ忘れてはならない。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆