シリーズ「冬こそ注意したいちょっとした病気の兆し」第6回

冬に乳幼児が感染しやすい「ロタウイルス」~腹膜炎を併発して命の危険も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 症状が現れたら、まずどのように処置するべきか? トイレでは、使い捨て手袋を使用し、汚物を衛生的に処理する。石鹸や流水による手洗い、うがいを励行する。お尻は、ただれないようにぬるま湯でよく洗う。

 おもちゃ、ドアノブなどをうすめた塩素系漂白剤でふき取って消毒する。オムツは、熱湯やハイターでよく消毒し、他の洗濯物とは分けて洗濯しよう。

 下痢で体内の水分が失われると、脱水症になるので、電解質を含むイオン水、湯冷まし、ホットミルクなどを飲ませる。嘔吐しないように少量を何度も分け与える。吐き気のある時は無理に飲ませたり、食べさせない。糞便や尿の回数、嘔吐の有無、飲水量などを記録しておけば、治療に役立つだろう。

 ロタウイルスは、感染力が強いので、乳幼児たちの接触で感染が拡がりやすい。保育所、幼稚園などの集団生活は避け、下痢が治まるまでは自宅待機させよう。

 ただし、下痢と嘔吐が同時に起きる、水分が十分に摂れない、唇が乾いてかさかさしている、尿の量・回数が減る、顔色が悪い、泣き声が弱々しい、呼吸が苦しそうなどの症状が少しでも現れたら、迷わず小児科を必ず受診してほしい。脱水状態が続くと命に関わることをゆめゆめ忘れてはならない。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太