シリーズ「冬こそ注意したいちょっとした病気の兆し」第6回

冬に乳幼児が感染しやすい「ロタウイルス」~腹膜炎を併発して命の危険も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 症状が現れたら、まずどのように処置するべきか? トイレでは、使い捨て手袋を使用し、汚物を衛生的に処理する。石鹸や流水による手洗い、うがいを励行する。お尻は、ただれないようにぬるま湯でよく洗う。

 おもちゃ、ドアノブなどをうすめた塩素系漂白剤でふき取って消毒する。オムツは、熱湯やハイターでよく消毒し、他の洗濯物とは分けて洗濯しよう。

 下痢で体内の水分が失われると、脱水症になるので、電解質を含むイオン水、湯冷まし、ホットミルクなどを飲ませる。嘔吐しないように少量を何度も分け与える。吐き気のある時は無理に飲ませたり、食べさせない。糞便や尿の回数、嘔吐の有無、飲水量などを記録しておけば、治療に役立つだろう。

 ロタウイルスは、感染力が強いので、乳幼児たちの接触で感染が拡がりやすい。保育所、幼稚園などの集団生活は避け、下痢が治まるまでは自宅待機させよう。

 ただし、下痢と嘔吐が同時に起きる、水分が十分に摂れない、唇が乾いてかさかさしている、尿の量・回数が減る、顔色が悪い、泣き声が弱々しい、呼吸が苦しそうなどの症状が少しでも現れたら、迷わず小児科を必ず受診してほしい。脱水状態が続くと命に関わることをゆめゆめ忘れてはならない。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆