シリーズ「DNA鑑定秘話」第26回

逆転無罪!鹿児島・強姦冤罪事件でも繰り返された当局のずさんなDNA型鑑定

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 岩元さんは、逮捕から約2年4カ月間、勾留された。弁護団は「20代の若者の将来と自由が奪われた。その重さを捜査当局は受け止めてほしい。高検の上告断念で、岩元さんは日常の生活に戻れる」とコメントした。

 冤罪無罪の判決は、鹿児島県警や検察のDNA型鑑定のあり方を厳しく批判し、第三者による検証を求める世論を高めている。

 元東京高裁判事の門野博弁護士は「今回の判決は、鹿児島県警の手法を厳しく批判し、検査技官の力量や意図で都合のいいように鑑定結果を改竄・隠匿できる危険性も踏み込んで言及した」と一部メディアでコメントしている。

 警察庁は、DNA型鑑定の日時や方法などの経過をワークシートに適正に記録すること、公判での立証に耐えうる内容にすること、試料が微量でも鑑定することを、都道府県警に通達する方針という。

 岩元さんの冤罪を晴らした精液のDNA型鑑定は、どのように行なわれたのか?

 DNAには、ある特定の無意味な塩基配列が何度も繰り返す部分があり、繰返しの回数は個人によって違う。この繰り返す塩基配列をミニサテライトまたはVNTR(variable numbers of tandem repeat)と呼ぶ。

 このミニサテライトの繰り返しの回数によって、DNA型の塩基配列の長さが変わる性質を利用した鑑定法、それがDNA型鑑定だ。

 重要な遺伝情報を持つ精子のDNAは、射精後に消滅や変性、病原体の脅威などから自らを防御するために、強力な化学的バリアーを備えている。それがスペルミンというタンパク質だ。精子のDNAは、安定性が高く、ある種のタンパク質分解酵素でも分解できない。

 つまり、被害者の膣内体液と混合した精液からでも、特定の制限酵素を使えば、精子のDNAだけを取り出せる。その結果、被害者の膣内に残存していた精子のDNA型は、岩元さんと別人のDNA型であることを証明できたのだ。

 このような冤罪事件の報道があるたびに、捜査当局や検察の意図的な改竄や隠蔽が顕在化し、慄然とする。被疑者の人権擁護や罪刑法定主義の形骸化を恐れる。杜撰なDNA型鑑定の違法性は、厳に断罪されるべきだ。高精度なDNA型鑑定が果たすべき責任は、ますます重くなっている。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「DNA鑑定秘話」バックナンバー

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆