“血圧120”で高血圧は本当か!? 基準値の改定で男性43.3%、女性38%が対象に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚生労働省の「国民健康・栄養調査報告(平成25年)」によると、日本人の成人男性の平均最高血圧は135.3mmHg、女性は129.5mmHgで、すでに120mmHgを超えている。もし仮に現行の140mmHg未満という基準が120mmHg未満に引き下げられた場合、男性の43.3%、女性の38%が新たに高血圧に含まれる。今まで高血圧ではなかった人の多くが患者になってしまうことも起こる。

 しかし国内の専門家は、今のところアメリカの報告は予備解析の結果にすぎず、実際にガイドラインに反映させるには、より詳しい研究報告が必要と見る。ゆえに、突然、対応が変わるというわけではなさそうだ。

 将来的に120mmHg未満が推奨されるようになれば、高血圧患者に処方される降圧剤の量が増える可能性もある。副作用を心配する患者もいるかもしれないが、現時点でも現場での医師の治療方針により、最高血圧を120mmHg未満に抑えている場合もある。逆に130mmHg台を超えても生活習慣の改善だけに留める場合もある。ケースバイケースなのだ。

 もともと高血圧患者が多い日本では、食事の塩分摂取量を抑えたり、内臓脂肪を減らしたりするなど、降圧剤を飲む前に実施すべき対策が多い。血圧を下げることによる病気の予防効果が高まったことを前向きに受け止めて、今まで以上に医師とコミュニケーションを取りながら、生活習慣の改善にも取り組むことが大切だろう。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子