シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」第9回

赤ちゃんは「口でものを見る」!? 脳のシナプスの「刈り込み」は神経細胞のつながりを強める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界を掴むために、赤ちゃんが使うのは口だけではない。手も足も頭も使い切っている。

 生まれたばかりの赤ちゃんは、重力のために体を自由に動かせないので、手は軽く握ったままだ。最初に自由に動かせるのは親指。片手ずつ動かしたり、両手を絡ませたりしながら、手の存在を少しずつ認識するようになる。

 生まればかりの赤ちゃんは、手足をモゴモゴと動かすジェネラル・ムーブメントを始める。半年ほど経てば、体を動かす脳と筋肉が発達するため、体をバタバタと動かようになる。両手で足を持ったり、足を口の中に入れてしゃぶったりする。汚いからといって、足を舐めないようにカバーをかぶせたりしないでほしい。

 さて、赤ちゃんが一番苦手なのは、見えない頭や頭の後側だ。赤ちゃんは、後を振り返ったり、ベッドの柵や壁に頭を打ち付けたりする仕草を始める。赤ちゃんなりに、自分の頭の形や頭の後側の状態をチェックしているのだ。ムリに止めさせずに、周りに危険なものがないかを確かめておこう。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子