シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」第9回

赤ちゃんは「口でものを見る」!? 脳のシナプスの「刈り込み」は神経細胞のつながりを強める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界を掴むために、赤ちゃんが使うのは口だけではない。手も足も頭も使い切っている。

 生まれたばかりの赤ちゃんは、重力のために体を自由に動かせないので、手は軽く握ったままだ。最初に自由に動かせるのは親指。片手ずつ動かしたり、両手を絡ませたりしながら、手の存在を少しずつ認識するようになる。

 生まればかりの赤ちゃんは、手足をモゴモゴと動かすジェネラル・ムーブメントを始める。半年ほど経てば、体を動かす脳と筋肉が発達するため、体をバタバタと動かようになる。両手で足を持ったり、足を口の中に入れてしゃぶったりする。汚いからといって、足を舐めないようにカバーをかぶせたりしないでほしい。

 さて、赤ちゃんが一番苦手なのは、見えない頭や頭の後側だ。赤ちゃんは、後を振り返ったり、ベッドの柵や壁に頭を打ち付けたりする仕草を始める。赤ちゃんなりに、自分の頭の形や頭の後側の状態をチェックしているのだ。ムリに止めさせずに、周りに危険なものがないかを確かめておこう。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫