シリーズ「LGBTとは何か?――セクシュアリティを考える」第2回

LGBTのレインボー消費規模は5.9兆円!行政も企業も個人も理解者や支援者として行動する時代へ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本のLGBTは、悩みや不安を抱えつつ、どのような社会的な不利益や権利の侵害を受けているのだろうか?

 たとえば、生活面では、同性パートナーは、法的な婚姻関係が認められない、同性パートナーを生命保険の受取人に指定できない、同性パートナーの実子の共同親権が認められない、人工授精などの不妊手術が学会の規制で受けられない、遺言書がなければ相続できない、家族向け公営住宅に入れない、共同名義の住宅ローンが組めない、外国人の同姓パートナーは家族として滞在許可が下りない、家族割引サービスやカップル割引サービスを受けられない、病院で面会を拒絶されるなど、数々の権利の制約や侵害がある。

 仕事面では、パートナーがいても配偶者控除や配偶者特別控除が受けられない、会社の健康保険の対象にならない、福利厚生制度が受けられない、職場のセクハラ発言を浴びることがある、制服を強制されて苦痛を感じる、性別適合手術やホルモン注射治療への配慮や理解が低い、就職時にカミングアウト(LGBTであることを公表)すれば不採用や入社拒否に曝されるなど、プライバシーの侵害や生活リスクと向き合わざるを得ない。これがLGBTの現実だ。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆