室内で使う殺虫剤にリスク! 小児白血病の発症が4割以上アップ?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 では、殺虫剤をなるべく使わないようにするにはどうしたらいいか。まず基本は、虫のエサになる食べ物を室内に置かないこと、生ゴミはしっかり密封すること。ボウフラの温床となる水たまりをベランダや庭に作らない。さらに害虫用の捕獲器を使うなどの選択肢もある。たとえば、最近ネットで話題の「酒と洗剤を使ったハエトラップ」など、身近な物を利用した知恵は少なくない。

 ハーブ類に含まれるL-メントールや柑橘類に含まれるD-リモネンは、多くの昆虫が嫌う天然の虫除け成分だ。ペパーミントやオレンジ、クローブなどを精製したエッセンシャルオイルにエタノールを添加して、香炉で焚いたりスプレーにして撒いたりすることも効果がある。

 今回の研究グループは「子どもは学校、公園、遊び場など自宅以外で殺虫剤に曝露することもあるため、そうした場所で殺虫剤の使用を制限することにも意味がある」指摘している。

 日本でも、たとえば東京都環境局が「化学物質の子どもガイドライン」を策定。施設管理者に対して、殺虫剤散布の情報提供や、散布時の子どもへの接触を防ぐ方法、さらに薬剤を利用しない防除方法の推進も行っている。

 子どもたちが屋外でどんな化学物質に触れる可能性があるかを、こうした行政資料で知っておくことは無駄ではない。今や、防虫剤や殺虫剤を始めとする化学物質は私たちの生活になくてはならないものだ。むやみに怖がるのではなく、正しい知識を持ってリスクを回避することが大切ではないだろうか。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆