合成着色料に関する記事まとめ

 着色料は食品の色調を演出するために使用され、化学的に合成された合成着色料と、植物や動物、鉱石などを原材料とする天然着色料に分けられる。
 
 合成着色料は「タール系色素」と呼ばれるものが多いが、これは石炭タール中に含まれている成分から合成する。タール系色素は発がん性があるとの指摘があり、最近は石油製品を精製して作られている。加工食品の裏側の成分表示には、「○色●号」と書かれているが、これがタール色素であり、品質を保証するため厚生大臣による製品検査が義務付けられている。

 タール系色素については、発がん性や催奇形性があるとして使用禁止になったものがあり、現在、日本で認可されているものは、安全性を確認したとされる12種類に限られている。鮮やかな色が出て退色しにくいという特徴を持つので、菓子や漬物、魚介や畜産加工品など多くの食品に使用されている。
 
 合成着色料は、混ぜ合わせればどんな色でも作り出すことができる。いわば絵の具の世界と同じである。安全性を確認したという色素の中には、海外で使用禁止になっているものもある。

▶日本で許可されているタール色素:食用赤色2号、食用赤色3号、食用赤色40号、食用赤色102号、食用赤色104号、食用赤色105号、食用赤色106号、食用黄色4号、食用黄色5号、食用緑色3号、食用青色1号及び食用青色2号

合成着色料に関連するキーワード

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘