加工助剤に関する記事まとめ

 食品添加物の例外として表示が免除されるもののうちの1つ。加工食品を作るのに使用された食品添加物でも、最終的に食品として完成する前に食品から除去されるもの、その食品の中にもともと存在す成分と同じもの、最終食品にごくわずかにしか残らず、しかもその食品に影響を及ぼさないものなどのことを加工助剤という。たとえば、大豆から油を抽出する際のn−ヘキサン、油の脱色や脱臭のための酸性白土(鉱物)や活性炭、ビールの原料水の水質を調整するための炭酸マグネシウム、などがこれにあたる。
 
 また、添加物を複数混合して添加する場合、使用の目的によって主成分以外は効果がないとして加工助剤の扱いとなり、表示は免除されることがある。

加工助剤に関連するキーワード

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆