グリシンに関する記事まとめ

 ほのかに甘味のあるアミノ酸。エビやカニなどの甲殻類にも含まれるなど、天然に存在する。アミノ酸の中で最も分子構造が単純で、コラーゲンなどのゼラチン質に多く含まれている。ほのかな甘みは酸味や塩味をやわらげる緩衝作用があるため、カニ酢やカニサラダの甘味料のほか、イカの一夜干しの調味などにも使用されている。
 
 そのほか、食品にツヤを与える効果や、枯草菌や大腸菌などの繁殖を抑える、練り製品のネト防止などの効果もあり、食品の日持ちを向上させる。そのため「保存料不使用」をアピールしたコンビニや外食チェーン店のお惣菜、パン、弁当などによく使用される。コンビニ弁当などでの使用頻度が高いため、講演会などでよく質問を受ける添加物の1つだ。
 
 製造方法の1つとして、アルコールを酸化させて作った「酢酸」に塩素ガスを反応させて「モノクロル酢酸」を作り、これに「アンモニア」を反応させることで安く大量に生成することができる。モノクロル酢酸は毒劇物扱いで、環境汚染のチェック品目である。
 
 同じように、コンビニの弁当、総菜、水産加工品、冷凍食品などの日持ちを向上させるために使用される添加物に「酢酸Na」がある。コンビニ食品には「グリシン、酢酸Na」と2つ表記してあるものをよく見かけるが、業界でこれらの添加物は「日持ち向上剤」と呼ばれている。

●保存目的のために用いられる日持ち向上剤
▶︎指定添加物(化学的合成品)
 グリシン
 酢酸Na
 ビタミンB1
 プロビレングリコール
 乳化剤の一部など
▶︎既存添加物(天然系添加物)
 白子たんぱく
 ポリリジン
 ペクチン分解物
*保存料(品名)の表記
 キトサン
 リゾチーム(酵素)
 香辛料抽出物など


*既存添加物とは、食品衛生法の条文の中では定義されていないが、1995年5月24日に公布された食品衛生法等を改正する法律の公布の際に、現に販売、製造、輸入、使用等が行われていた天然由来の添加物とされている。

 最近、グリシンにクエン酸や柑橘系香料を混ぜた安眠用サプリメントが存在しているが、添加物だけでできているのになぜか「食品」と表示されている。

グリシンに関連するキーワード

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行