「漢方」の記事一覧

イライラする歯や歯茎の痛み 東洋医学が教える自宅でできる簡単鎮痛法

虫歯による歯の痛みや歯茎の痛みに対して、歯医者に行く時間がないときや、夜中に突然痛みだしたときのために、薬に頼らす痛みを抑える方法を知っておいても損はありません。昔から応急処置に使われてきた歯痛止めや歯ぐきの痛み対策を紹介しましょう。 頭に近い部分の痛みだけに、歯痛の…続きを読む

イライラする歯や歯茎の痛み 東洋医学が教える自宅でできる簡単鎮痛法

花粉症の症状を軽くすませるために、冬の間の生活から抵抗力を養う

よく春先に流行するのが、のどの痛みを伴う風邪。寒けはあってもすぐにおさまり、徐々にのどが腫れて痛みがひどくなってきます。このような「熱」タイプの風邪は、こじらせると症状がひどくなりやすいので、早い段階で治すことが大切です。 こうした「寒けを伴う風邪」を放っておくと、だん…続きを読む

花粉症の症状を軽くすませるために、冬の間の生活から抵抗力を養う
トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆