>  > 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター膠原病リウマチ内科 田中栄一医師
「東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター膠原病リウマチ内科 田中栄一医師」の記事一覧

関節リウマチなど「膠原病」の治療法は?〜周囲のサポートをもらいながら病気と付き合う

女優で作家としても活動する酒井若菜さんの対談&エッセイ『酒井若菜と8人の男たち』(キノブックス)で、脚光を浴びる膠原病について、東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターの講師・医局長の田中栄一医師に解説してもらった。関節リウマチは「身近な難病」――連載の最後…続きを読む

関節リウマチなど「膠原病」の治療法は?〜周囲のサポートをもらいながら病気と付き合う
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

市民のためのがん治療の会代表。舌がん治療による体…

會田昭一郎

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛