「子どもの発熱」について

子どもの発熱は、ほとんどが病原体の侵入による感染症。なかでも圧倒的にウイルス性が多い。熱自体はあまり問題がなく、むしろ、ほかに症状がないかが重要。乳幼児では、とくに機嫌、哺乳力、顔色、呼吸の様子など。年長児では、呼吸困難や嘔吐、下痢などの症状の有無で原因が異なる。

「子どもの発熱」から考えられる病気

発熱から考えられる主な病気
小児の呼吸器感染症
風邪症候群
インフルエンザ
急性扁桃炎
急性小児片麻痺
髄膜炎
脳炎
熱性けいれん
心筋炎
多発性筋炎
ウイルス性肝炎
細菌性急性胃腸炎
急性虫垂炎
急性中耳炎
白血病
化膿性関節炎
リウマチ熱
若年性特発性関節炎
川崎病
新生児敗血症
水頭症
食中毒
スマホでオンラインゲーム依存〜1日で課金15万円! 依存者は国内で420万人!?
インタビュー「スマホゲーム依存の実態と治療法」第1回:久里浜医療センター・樋口進院長

日本の成人のうち、ネット依存の傾向のある者は男性は4.5%、女性は3.6%。その数は約421万人と推計されるという。全国にさきがけてスマホゲーム依存症の治療に取り組んでいる独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長に、スマホゲーム依存の実態と治療法について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘