「子どもの発熱」について

子どもの発熱は、ほとんどが病原体の侵入による感染症。なかでも圧倒的にウイルス性が多い。熱自体はあまり問題がなく、むしろ、ほかに症状がないかが重要。乳幼児では、とくに機嫌、哺乳力、顔色、呼吸の様子など。年長児では、呼吸困難や嘔吐、下痢などの症状の有無で原因が異なる。

「子どもの発熱」から考えられる病気

発熱から考えられる主な病気
小児の呼吸器感染症
風邪症候群
インフルエンザ
急性扁桃炎
急性小児片麻痺
髄膜炎
脳炎
熱性けいれん
心筋炎
多発性筋炎
ウイルス性肝炎
細菌性急性胃腸炎
急性虫垂炎
急性中耳炎
白血病
化膿性関節炎
リウマチ熱
若年性特発性関節炎
川崎病
新生児敗血症
水頭症
食中毒
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子