>  > いつかは自分も……他人事ではない”男の介護” (立命館大学教授 津止正敏)
「いつかは自分も……他人事ではない”男の介護” (立命館大学教授 津止正敏)」の記事一覧

現在、親や配偶者を介護している人の3分の1は男性だ。その数は130万人にも及ぶ。「男性介護者と支援者の全国ネットワーク」事務局長の著者が、虐待や離職、家事、家族、経済など、男性介護者に起こり得るさまざまな問題を取り上げつつ、解決に向けての方策を提案する。

江戸時代では男の介護は家長の役割。 武士も介護休業をとっていた!

介護を担うのは女性と、長い間、当然のように思われてきた。だから男性が介護をする場合、わざわざ「男の介護」と表現することが多い。介護をする人の3分の1が男性になっても、これはかわっていない。 しかし、これまで介護をする男性がいなかったわけではなかった。介護体験記の多くは、…続きを読む

江戸時代では男の介護は家長の役割。 武士も介護休業をとっていた!
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆