>  > 日本をリハビリテーションする(鶴巻温泉病院院長 鈴木龍太)
「日本をリハビリテーションする(鶴巻温泉病院院長 鈴木龍太)」の記事一覧

高齢者とその家族、障害者や成人、子供などが住み慣れた地域で、一生安全に、その人らしくいきいきとした生活ができるためには何が必要なのか。リハビリテーション医療の最前線で治療に当たる専門医が提言するあるべき姿のリハビリとは何か?

脳梗塞は「夏」に最も多い!重要なのは熱中症と同じく水分補給&「ACT-FAST」

脳梗塞は冬に多いイメージですが、脳梗塞は夏に一番多いことがわかってきました(2015年 脳卒中データバンク) 特に今夏のように猛暑が続いていると、気温が上がり、血管が拡張しているところに、発汗し脱水状態になると、脳梗塞が起こりやすくなります。ですから、熱中症の予防と同…続きを読む

脳梗塞は「夏」に最も多い!重要なのは熱中症と同じく水分補給&「ACT-FAST」
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太