観月ありさ、体脂肪率が6%も減! 40代前半で20代のカラダに戻した筋トレ秘話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大迫勇也は7%台! 観月ありさも半端ない、って。

 一方、年代が上がって「40代/50代」の基準値は、上記の「少なめ/多め」の幅もそれぞれ1%ずつ推移し、前者が「22~28%」で、後者が「29~35%」の範囲に変化する。

 ちなみに女性の場合、最も女性らしいボディラインと称賛される体脂肪率は「23%前後」と言われている。観月さんは現在、40代の入り口に立っているが、驚愕の八頭身で知られた彼女の20代に、その理想値を当てはめるならば、

 (20代の)23%+6%=(40代で)29%

 それでも体幹トレ以前に29%ならば、「20代/30代」の女性標準よりやや多めの階層に属し、それは40代以降の標準よりも僅か1%多めの体脂肪率(=立派な健康体)にすぎないわけだ。それでも飽き足らず、いや彼女のエンタメ魂をして「20代の体脂肪まで戻した」のはさすが!

 参考までに男性の平均体脂肪率は「20%」。さらに腹回りに脂肪がついてなく、腹筋が発達して6つの隆起がある(six-pack)状態になるには「10%」まで落とす必要があり、W杯での活躍で耳目を集めた大迫勇也選手の場合は、なんと「7%台」というから半端ない!

 が、一般の女性でも、運動前のカフェイン摂取、効率の良い全身の筋トレ、筋トレ後の有酸素運動、炭水化物&たんぱく質摂取量のバランス良い食事、そして快眠環境を守れば、体脂肪率「10%減」までは可能とされている。

 男性は大迫を、女性はありさを――それは正直、目標も何も土台が違いすぎ。そこまでハードルを上げなくても、体脂肪率の正体を知ることから少しでも彼らに近づこう、そう思うのは健康のためにも無駄ではないだろう。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆