電通過労死事件の正式裁判を決定! 連合の調査で見えた「36協定」の実態

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

労働時間に対する意識に世代間の差も浮き彫りに

 ちなみに業種別の平均残業時間がもっとも多かったのは「運輸業(33.6時間)」、休日出勤があると答えた人が最も多かった(52.4%)のは、「教育・学習支援業」だった。

 また、今回の調査は労働時間に対する意識の世代ごとの差も浮き彫りにしている。

 「給料が少なくてもプライベートの時間を確保できるほうがよい」と考える人は全体では62.4%だが、世代が上がるごとに割合が下がり、50代男性では「労働時間が長くても給料をもらえるほうがよい」と考える人の割合と、ほぼ拮抗する形に。

 「労働時間が長くても、やりがいが多いほうがよい」と考える人の割合も、50代男性でもっとも高くなるという結果になった。

 50代といえば、若い頃にバブルを経験した世代。そんなバブル世代からすれば、仕事のやりがいよりプライベートの時間を重視する若者世代が嘆かわしく感じられるかもしれない。

 しかし、「自分の時間も持てないほどに働くのが正しい」という考え方が、多くの過労死事件を生む土壌となってきたのも確かなのだ。

 ちなみに、本調査の回答者に「自身の心身の健康に支障をきたすと感じる1カ月の残業時間」を聞いたところ、その「平均は46.2時間」だった。この時間を遥かに超える残業時間で働いているという人は、そろそろ自分の働き方を見直すべき時期にきているといえそうだ。
(文=編集部)

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛