電通過労死事件の正式裁判を決定! 連合の調査で見えた「36協定」の実態

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

労働時間に対する意識に世代間の差も浮き彫りに

 ちなみに業種別の平均残業時間がもっとも多かったのは「運輸業(33.6時間)」、休日出勤があると答えた人が最も多かった(52.4%)のは、「教育・学習支援業」だった。

 また、今回の調査は労働時間に対する意識の世代ごとの差も浮き彫りにしている。

 「給料が少なくてもプライベートの時間を確保できるほうがよい」と考える人は全体では62.4%だが、世代が上がるごとに割合が下がり、50代男性では「労働時間が長くても給料をもらえるほうがよい」と考える人の割合と、ほぼ拮抗する形に。

 「労働時間が長くても、やりがいが多いほうがよい」と考える人の割合も、50代男性でもっとも高くなるという結果になった。

 50代といえば、若い頃にバブルを経験した世代。そんなバブル世代からすれば、仕事のやりがいよりプライベートの時間を重視する若者世代が嘆かわしく感じられるかもしれない。

 しかし、「自分の時間も持てないほどに働くのが正しい」という考え方が、多くの過労死事件を生む土壌となってきたのも確かなのだ。

 ちなみに、本調査の回答者に「自身の心身の健康に支障をきたすと感じる1カ月の残業時間」を聞いたところ、その「平均は46.2時間」だった。この時間を遥かに超える残業時間で働いているという人は、そろそろ自分の働き方を見直すべき時期にきているといえそうだ。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子