ロキソニンを飲んでのスポーツは危険! 米心臓病協会が運動後の副作用リスクを指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運動直前や運動中に、ロキソニンなどのNSAIDsを服用するのは極めて危険

 『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル』(2013年)によれば、3913人のランナーの49%がレース前にNSAIDsを服用したと回答。服用後の状況を分析したところ、消化器の痙攣、心臓血管系障害、消化管出血、血尿などの副作用が見られた(Consumption of analgesics before a marathon and the incidence of cardiovascular, gastrointestinal and renal problems: a cohort study. BMJ Open 2013;3:e002090 doi:10.1136/bmjopen-2012-002090 )。

 また、アメリカ心臓病協会(AHA)とNSAIDs適正使用団体は、NSAIDsの過剰服用によって、腎臓の血管閉塞、心臓や脳の血栓、心筋梗塞、脳血管障害、胃、小腸、大腸の炎症、出血、潰瘍、穿孔が起きる高リスクを指摘した。

 NSAIDsは抗炎作用が強いので、骨の治癒を遅らせ、タンパク質の合成を減少させるだけでなく、運動後には骨格筋の衛星細胞(筋肉を作り、筋肉を修復する細胞)を阻害し、免疫力を弱めるとされる。

 近年、このようなNSAIDsの副作用の解明が進んでいる――。
 
 NSAIDsは、シクロオキシゲナーゼ(COX/全身に存在するCOX-1と炎症部位に存在するCOX-2)の働きを阻害し、プロスタグランジン(PG)やトロンボキサンA2(TXA2)の分泌を抑制するため、鎮痛・抗炎作用を示すことから、COX-2だけを阻害するCOX-2阻害剤のセレコキシブが開発された。

 ただ、NSAIDsは本来、激しいスポーツの最中に使うことを想定して開発されていない。たとえば、フルマラソンなら、走行中は多量の血液が脚に流れ、腎臓への血流が減少するので、NSAIDsによって腎臓の血流が抑えられると血尿に陥り、危険な状態になる。胃潰瘍の人なら、NSAIDsによって胃への血流が滞ると、胃の粘膜から出血する可能性場がある

ストレッチや走り方の工夫で痛みを乗り切ろう

 運合前や運動中の痛み対策は、あるだろうか?

 マラソンでなくても、ジョギングでも走り続ければ、脚のどこかにストレスがかかれば、血流れが悪くなるため、痛みを感じる。そんな時は、その場でしっかりストレッチすれば、改善する場合が多い。

 また、走り方の工夫も大切。普段から体の1カ所にストレスをかけないように、ランニングフォームを改善し、いろいろな走り方を試しながら、体幹と脚全体を上手に使って走る工夫を重ねるのが賢明だ。

 ランニング後に起きる頭痛の原因は、元々持っている基礎疾患をはじめ、肩こり、水分過剰による水中毒(低ナトリウム血症)、水分不足による脱水・めまい・ふらつき・吐き気、低血糖、コーヒーの過剰摂取など複合的な要因が絡むので要注意だ。

 ランニングであれ激しい運動であれ、それなりの苦痛と疲労が伴い、一方では幸福感や達成感も得ることができる。快感の歓びを知らしめるために苦痛が与えられたのか? 苦痛を和らげるために鎮痛薬が授けられたのか? 苦痛と鎮痛の押し問答は今日も続いている。
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

市民のためのがん治療の会代表。舌がん治療による体…

會田昭一郎

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛