小田原市「生活保護なめんな」事件の背景とは? 総額約3兆7000億円のうち不正受給は0.47%

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不正受給の実態は? 不正受給の約173億円は総額の0.47%

 不正受給の実態はどうか?

 不正受給とは、福祉事務所への収入の申告や、資産の有無などの虚偽の申告をすることだ。悪質な場合は、詐欺罪などに問われ、不正に受給した金額は返還しなければならない。虚偽の申告をすれば不正受給、収入や資産があるのに、保護を利用すれば費用返還になる。

 2011年度の不正受給の総額は約173億円(総務省「生活保護に関する実態調査」平成26年8月)。生活保護費約3兆7000億円に占める割合は0.47%に過ぎない。不正受給の内容は、稼働収入の無申告46.9%、稼働収入の過少申告10.6%、年金の無申告20.8%、保護開始月の不正受給11.4%となっている。

 また、不正受給が発覚したきっかけは、担当職員による関係機関への照会・調査が88.9%、通報・投書が5.6%。稼働収入が発覚したきっかけは、担当職員による課税調査、年金調査が最も多い。

 つまり不正受給は、担当職員が調査・照会すれば、ほとんどが発見できるのだ。

生活保護の担当職員やケースワーカーの激務の実態

 生活保護制度の課題は夥しい。受給者支援の司令塔となる生活保護の担当職員やケースワーカーの激務や業務の煩雑さによるストレスも大きい。受給者はさまざまなハンディや障害を抱えているからだ。

 たとえば、生活保護世帯の約半分を占める高齢世帯は、医療機関との連携や介護サービスの利用支援が必要だ。約3割の傷病・障害世帯は、医療機関との連携や障害福祉サービス機関との調整が求められる。約6~8%の母子世帯は、子どもへの総合的な支援も生じる。16~18%のその他世帯(働ける年齢層)は、就労支援を懇切丁寧に行わなければならない。

 このように担当職員やケースワーカーは、金銭の給付から各関係機関への調整まで包括的な重責を担い、受給者の生殺与奪の権利を握っている。

 なぜ激務に陥るのだろう? 高齢世帯、傷病・障害世帯、母子家庭、就労支援世帯への支援を担当するケースワーカーは、1人当たり80世帯を担当し、しかも、半年に一度の訪問が社会福祉法で義務づけられている。都市部では1人当たり120世帯以上のケースもある。ケースワーカーは、社会福祉法に基づく社会福祉主事の資格が必須だが、約26%が未取得だ。

人員の増加、社会福祉主事や社会福祉士の配置で、不正受給を防止して支援の質を高めよ

 打つべき対策はある。担当世帯数が標準レベルの80世帯になるように人員の増加を図りつつ、社会福祉主事や社会福祉士の配置によって専門性を高めれば、不正受給の防止、支援の質の向上につながる。

 生活支援の必要な人に手を差しのべ、自立への道筋を探る。それが生活保護制度の普遍のコンセプトだ。しかし、働かず怠けている人の甘えを許せない、税金で養われている恩を忘れているなどと冷淡な目を向ける、心ない偏見やバッシングも世間には根強くある。

 何ら後ろめたい事情がなく、やむにやまれぬ状況から、生活保護制度を利用しているのに、世間の誤解や偏見を恐れ、人に知られたくない、恥ずかしいなどのスティグマ(負の烙印)に苦しむ人も少なくない。

 不正受給の対策、生活保護行政について、NPO法人自立生活サポートセンターもやいの大西連理事長は、「生活保護なめんな」事件を契機に、ジャンパーのような「北風」でいくのか、より効果的な「太陽」でいくのか、さらに活発な議論が起きてほしいと話している。

 2014年の生活保護法の改正後、福祉事務所の現場は、援助ではなく監視・管理の雰囲気が強く漂うように変わったと指摘するケースワーカーもいる。

 だが、ジャンパーを着た担当職員の訪問が、いかに受給者の人権やプライバシーを踏みにじり、人道に反する行為かは言わずもがなだ。貧困格差がどんどん広がっている。受給者への生殺与奪を差配できる福祉行政であればこそ、公務員であればこそ、受給者の人権に配慮しつつ、ノブレス・オブリージュ(使命感に支えられた義務と責任)を果すべきではないか。

 たとえば、制度的な解決策だ。生活保護の国庫負担(現在75%)を増やし、自治体の負担を軽減する。生活保護に至る前のセーフテイネット(年金や住宅など)を充実する。担当世帯数を減らす。金銭給付とケースワークの業務を振り分ける。人権意識と専門性を高め、受給者の自立支援を強化する。ベーシックインカム(最低生活保障)の実現を模索する。できる課題から着手すれば、打開への道は少しずつ見えてくるはずだ。

 衣食足りて礼節を知る。国はビジョンと実行を、自治体はミッションと良識を、個人は健康と良心を! ちなみに、生活保護制度についてさらに知りたい人は、以下を参考にしてほしい。

 日本弁護士連合会のパンフレット(A版8ページ)「あなたも使える生活保護」(PDF)/NPO法人自立生活サポートセンターもやい「困った時に使える最後のセーフティネット活用ガイド」(PDF)/BIG ISSUE ONLINE/山吹書店 生活保護費(最低生活費)計算シート/ヨミドクター 原記者の「医療・福祉のツボ」貧困と生活保護/ダイヤモンドオンライン 生活保護のリアル みわよしこ/全国生活保護裁判連絡会ウェブサイトなど。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫