寿司は平気でも他人が握ったおにぎりは食べられない? 寿司を素手で握っても安全な理由

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

握る際に“手袋着用”の米ニューヨーク州

 1960年代に「SUSHI」ブームが起こったアメリカ。低脂肪・低カロリーな寿司は高学歴で専門職に就くエリートたちに支持され、SUAHIバーは全米に広がった。

 いまではそう珍しくなくなった寿司だが、ニューヨーク州では20年以上前から「握る際は手袋着用」が義務づけられている。これは寿司に限ったことではなく、「74℃以上の熱処理をしていない食品は素手で扱ってはいけない」という基準があるからだ。

 かたやカリフォルニア州では、一昨年に手袋着用を義務づける法律が定まったものの、1万9000もの反対署名によって半年で撤回。アメリカでは、手袋着用か否かは州によって異なるようだ。しかし、日本では一部のチェーン店などを除いて、手袋着用で寿司を握ることはない。

 ビニール手袋で握ったお寿司なんて! 他人が握ったおにぎりは食べられなくても、手袋着用で握った寿司には「NO」というわけだ。

素手で握っても大丈夫な理由とは?

 その理由のひとつは、「寿司職人というプロフェッショナルが握っている」という安心感だろう。徹底した手洗いと、調理道具の消毒・管理など、長年培われてきたものがあるからだ。

 また、酢飯に使われる酢じたいに防腐作用がある。ある調査によると、ご飯と酢飯を比較すると、調理直後は細菌数に違いはほとんど見られないものの、24時間後には普通のご飯は細菌数が増え、酢飯は微増。普通のご飯に比べ10万分の1という数字だった。

 そして、ワサビの辛み成分・アリルイソチオシアネートにも抗菌・殺菌作用がある。微生物の増殖を抑えると同時に、刺激が食欲を増進させる。一緒に食べるガリにも殺菌・消化促進効果がある。冷蔵施設の十分でなかった時代からの知恵だ。

 おにぎりと寿司、ともに人が握って作るものながら、衛生感覚の物差しひとつで、食べられるかどうかが決まる。清潔好きの日本人らしいといえば、日本人らしい食べ物だといえる。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆