>  >  > アンドレ・ザ・ジャイアントが戦い続けた「先端巨大症」とは?
シリーズ「傑物たちの生と死の真実」第17回

「先端巨大症」と戦い続けたアンドレ・ザ・ジャイアント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミスター高橋は「アンドレは、身長の伸びるのが止まらないのをひどく気にしていた」と『悪役レスラーのやさしい素顔』で回想する。先端巨大症の苦痛と闘っていたアンドレ。数十年にわたる激烈過酷なマッチは、アンドレの両膝、関節、背骨を極限まで痛めつけた。引退後の晩年、米国ノースカロナイア州の片田舎に広大な牧場を買い、多くのイヌやネコとひっそりと暮らした。だが、両手で杖をつき、歩行もままならない状況だったという。

 苦境に追い打ちをかけたのが、巨体にもの言わせて若い時から抜け出せなかった過度の飲酒癖だ。全盛期はビール、晩年はワインを鯨飲。飲酒量が桁違いだったため、「店ごと飲み込んだ」など酒にまつわる奇談は数知れない。試合前に何本も飲み干し、ほとんどトレーニングをしなかったので、心臓や肝臓への負担は避けられなかった。悪性のアルコール依存症とオーバーウエイトに祟られ、糖尿病の併発や内臓の衰弱と死闘していたのではないか?

 1993年、実父の葬儀へ出席するためにフランスに帰国。その直後、パリのホテル滞在中の1月27日、急性心不全で急死。享年46だった。遺書にこうある。「死後48時間以内の火葬を厳守すること 」。WWF(ワールド・レスリング・フェデレーション)は、生前の活躍に敬意を表してWWF殿堂を設立。アンドレに殿堂入り第1号の栄誉を贈った。

 「It's not my business.(仕掛けたのは俺の意思ではない)」。「底が丸見えの底なし沼」というプロレス界の地獄で、アンドレが一生を賭けて闘った敵は何か? それは、異形、異端、異様、破格、壮絶、非凡! 先端巨大症という因果を背負った”モンスター”の悲哀と慟哭ではなかったか?


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太