子どもだけを危険にさらしていないか?「ジュニアシート」着用が命を守る!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 研究を行ったMacy氏は、「ジュニアシートは乳幼児用シートほど取り付けに技術がいらないうえ、仕組みも簡単に見えるため、親や家族はあまり誤使用の心配をしない可能性がある」と指摘。

 「今回の研究は、資格を持った安全技術者がジュニアシートの適正な使用時期や、使用方法に関してサポートしていくことが、子どもの重症死亡事故を減らすために有益だと示した」と述べている。

 チャイルドシート使用義務が6歳未満の日本でも、JAFや警視庁では「子どもの身長が10歳児の平均である140㎝に達するまでは、ジュニアシートを使用することが安全上必須」と呼びかけている。JAFは今年、「ジュニアシートはもういらない?」というコンテンツを作成してホームページに公開した。
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/junior_seat/index.htm

 チャイルドシートを使う目的が「子どもを事故から守る」ことなら、法定年齢を過ぎても、安全にシートベルトが着用できるまで使い続けることが正しいあり方だろう。子どもの死亡事故は、時速30~40㎞の低速走行中や追突でも起きている。親はシートベルトに守られ、無防備なわが子だけが重症を負うのはあまりに悲しい。

 また、せっかく使っていてもミスユースでは意味がない。前出の「チャイルドシートの使用状況」でも、正しくクルマに取り付けられていたチャイルドシートは45.5%。正しく着座できていたのは59.5%にとどまっている。わが家での使い方をチェックしたいという人は、JAFや自動車ディーラーなどが開催する講習会に足を運んでみるのもお勧めだ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波