羽生結弦は極めて危機的な状況にあった!? 致死率50%の「セカンドインパクトシンドローム」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●全国柔道連盟、国際ラグビー評議会などはガイドラインを設定

しかし、脳しんとうはいったい何がそれほど危険なのだろうか?実は脳しんとうは2度目、3度目が怖い。脳しんとうを起こした後、その状態から回復する前に、再度、脳に衝撃を受けた場合、それが軽度であっても、重篤な状態に陥る危険が高いのである。短期間に2度の脳しんとうを起こすことを「セカンドインパクトシンドローム」と呼び、致死率50%とも言われている。

「セカンドインパクトシンドローム」の悲劇を防ぐため脳しんとうを起こした選手の復帰に関して、スポーツ界ではさまざまな規定を設けている。全国柔道連盟では、当初からまったく正常な場合であっても1日~数日は練習を休止、安静観察としていて、医師が脳しんとうと診断した場合は2~4週間練習休止と定めている。国際ラグビー評議会(IRB)は脳しんとうガイドラインを定めており、そこで「頭部外傷の後、なんらかの症状があるアスリートはすべて、プレー、または、練習を止めさせて、また、すべての症状が消えるまで、活動に戻ってはならない」としている。特にこどもや青年は脳が未成熟で障害を受けやすく、危険が高いため、症状がなくなってから最低2週間はプレーを休ませるようにと定めている。

 羽生選手はまだ19歳の未成年。今回の事故後すぐのフリー出場は非常に危険だった。感動を呼んだフリーの演技中に何度も転倒していたが、その際、頭に衝撃を受けて、死んでしまった可能性も高かったのである。

 棄権しなかったのは「当人の出場の意思が固かったため」とされているが、選手に聞けば「大丈夫」と答えるし、「棄権したくない」と言うだろうが、客観的、かつ医学的知識を持って練習や競技を続けたがる選手を止め、安静にさせて、選手を守るべきは周囲の大人たちだ。

(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆