耳・鼻・のどの病気

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●喉頭がん

喉頭がんは、声門に多く(60~70%)、声門上(30~40%)、声門下(少数)にできるがん。喉頭がんは圧倒的に男性に多い病気だ。(女性の約10倍)なかでも、高齢男性、特に60歳代がもっとも高くなっている。

●メニエール病

メニエール病の発病には、内リンパ腔の拡大(内リンパ水腫)が関係しているといわれている。内リンパ水腫がどうして起こるのかの理由についてはウイルス感染説や自己免疫説などがいわれているが、はっきりとはわかっていない。

●副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎とは、いわゆる蓄膿症のである。鼻汁、鼻づまりなどの症状が続く場合は、放置せず耳鼻咽喉科の専門医の診察を受けよう。とくに中高年の方で、鼻の症状が片側のみに起きている場合は、上顎ガンの可能性も考えられる。

●アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、ある物質に対して鼻粘膜がアレルギー反応(※注/I型アレルギー)を示すもので、くしゃみ、鼻水(水性鼻漏)、鼻づまり(鼻閉)といった症状が挙げられる。遺伝的な体質が発症に関わり予防は困難といわれている。

●中耳炎

中耳炎は、鼓室、乳突洞、乳突蜂巣、耳管の炎症であり、代表的なものとして急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出性中耳炎、真珠腫性中耳炎がある。10歳以下の小児では、かぜをひいた時は中耳炎になっていないか注意が必要だ。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘