耳・鼻・のどの病気

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●喉頭がん

喉頭がんは、声門に多く(60~70%)、声門上(30~40%)、声門下(少数)にできるがん。喉頭がんは圧倒的に男性に多い病気だ。(女性の約10倍)なかでも、高齢男性、特に60歳代がもっとも高くなっている。

●メニエール病

メニエール病の発病には、内リンパ腔の拡大(内リンパ水腫)が関係しているといわれている。内リンパ水腫がどうして起こるのかの理由についてはウイルス感染説や自己免疫説などがいわれているが、はっきりとはわかっていない。

●副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎とは、いわゆる蓄膿症のである。鼻汁、鼻づまりなどの症状が続く場合は、放置せず耳鼻咽喉科の専門医の診察を受けよう。とくに中高年の方で、鼻の症状が片側のみに起きている場合は、上顎ガンの可能性も考えられる。

●アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、ある物質に対して鼻粘膜がアレルギー反応(※注/I型アレルギー)を示すもので、くしゃみ、鼻水(水性鼻漏)、鼻づまり(鼻閉)といった症状が挙げられる。遺伝的な体質が発症に関わり予防は困難といわれている。

●中耳炎

中耳炎は、鼓室、乳突洞、乳突蜂巣、耳管の炎症であり、代表的なものとして急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出性中耳炎、真珠腫性中耳炎がある。10歳以下の小児では、かぜをひいた時は中耳炎になっていないか注意が必要だ。

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸