アスパルテームに関する記事まとめ

 アスパラギン酸とフェニルアラニンという2種類のアミノ酸を合成して製造。合成方法は、遺伝子組み換え技術によるもの。フェニルケトン尿症の人はフェニルアラニンの摂取量を制限する必要があるので、表示に「フェニルアラニン化合物」と併記するように定められている。砂糖の約200倍の甘さを持ち、カロリーはほとんどない。使用基準はなく、どんな食品にも使用可能だ。そのため、ダイエット食品、お菓子、清涼飲料水などに使用されており、アセスルファムカリウムと併用している例が多い。ただし、安全性に関してはさまざまな論議があり、米国でも、安全性を疑問視する声も少なくない。

アスパルテームに関連するキーワード

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇