「笹尾真波」の記事一覧

笹尾真波(ささお・まなみ)

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編集
漢方アドバイザー養成講座アドバイザー(国際統合治療協会)
ロイヤル漢方クラブあんしん漢方認定薬剤師
ご自宅で漢方アドバイスを試したい方はこちら(あんしん漢方)
https://www.kamposupport.com/anshin1.0/hp/

笹尾真波

誤解や先入観が多い漢方薬、未経験でも安心して使いたい

漢方というと「即効性が無さそう」「効き目が弱い」というイメージはありませんか?残念なことに多くの方が漢方について様々な誤解をされています。症状や種類によっては即効性を発揮することもあり、決して効き目が弱いということもありません。最近では急性疾患から慢性疾患まで幅広く応用…続きを読む

誤解や先入観が多い漢方薬、未経験でも安心して使いたい

前年の5倍ペースで患者急増!今年のインフルエンザ対策は漢方薬に注目

毎年この時期になると「インフルエンザ」が猛威をふるい始めます。今年は新薬として1回飲みきりタイプの抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ」が登場したことで、インフルエンザ治療の選択肢が一つ増えました。でも、今回紹介するのは決して新しい薬とは言えない「漢方薬」です。実はイ…続きを読む

前年の5倍ペースで患者急増!今年のインフルエンザ対策は漢方薬に注目
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆