「吐血、喀血」について

吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)どちらも血を吐いた状態を指す言葉である。吐血は、食道や胃、十二指腸などの消化器系の病気による出血を指す。一方、喀血は、肺や気道の病気による出血を指す。大量の吐血・喀血を起こしたら、すぐに救急車を呼び、すみやかに救命手当を行う必要がある。

「吐血、喀血」から考えられる病気

吐血
食道静脈瘤
食道異物
食道がん
マロリー・ワイス症候群
急性胃粘膜病変
胃・十二指腸潰瘍
胃がん
胃粘膜下腫瘍
喀血
気管支拡張症
グッドパスチャー症候群
肺がん
肺アスペルギルス症
肺結核
肺梗塞症
僧帽弁狭窄症
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子