「吐血、喀血」について

吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)どちらも血を吐いた状態を指す言葉である。吐血は、食道や胃、十二指腸などの消化器系の病気による出血を指す。一方、喀血は、肺や気道の病気による出血を指す。大量の吐血・喀血を起こしたら、すぐに救急車を呼び、すみやかに救命手当を行う必要がある。

「吐血、喀血」から考えられる病気

吐血
食道静脈瘤
食道異物
食道がん
マロリー・ワイス症候群
急性胃粘膜病変
胃・十二指腸潰瘍
胃がん
胃粘膜下腫瘍
喀血
気管支拡張症
グッドパスチャー症候群
肺がん
肺アスペルギルス症
肺結核
肺梗塞症
僧帽弁狭窄症
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇