「吐血、喀血」について

吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)どちらも血を吐いた状態を指す言葉である。吐血は、食道や胃、十二指腸などの消化器系の病気による出血を指す。一方、喀血は、肺や気道の病気による出血を指す。大量の吐血・喀血を起こしたら、すぐに救急車を呼び、すみやかに救命手当を行う必要がある。

「吐血、喀血」から考えられる病気

吐血
食道静脈瘤
食道異物
食道がん
マロリー・ワイス症候群
急性胃粘膜病変
胃・十二指腸潰瘍
胃がん
胃粘膜下腫瘍
喀血
気管支拡張症
グッドパスチャー症候群
肺がん
肺アスペルギルス症
肺結核
肺梗塞症
僧帽弁狭窄症
スマホでオンラインゲーム依存〜1日で課金15万円! 依存者は国内で420万人!?
インタビュー「スマホゲーム依存の実態と治療法」第1回:久里浜医療センター・樋口進院長

日本の成人のうち、ネット依存の傾向のある者は男性は4.5%、女性は3.6%。その数は約421万人と推計されるという。全国にさきがけてスマホゲーム依存症の治療に取り組んでいる独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長に、スマホゲーム依存の実態と治療法について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘