【病気の知識】

子どもの頭部外傷

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

監修:鈴木龍太・鶴巻温泉病院 院長/脳神経外科医

どんな病気

 子供、特に乳幼児が頭を打った時、ご両親はおろおろしてしまいます。乳幼児は大人と違って自分の症状を言うことができないのも心配になる一因でしょう。ここでは乳幼児が頭を打った時に、病院へ行くか行かないかの判断の参考にしていただけるような知識を書きます。

 乳幼児は大人と随分違うところがあります。乳幼児は頭デッカチで新生児では4等身しかありません。そのため重心が上の方にあり、バランスも悪いので転びやすく、転ぶと頭を打ちやすいわけです。また乳幼児の頭蓋骨は柔らかく骨と骨の間もしっかり固定されていません。このため頭蓋内の多少の出血は骨と骨の隙間が開くことで緩衝し、症状がでにくいことがあります。

 また、成人で頭部に強い衝撃を受けると頭蓋骨がパチンと割れて頭蓋骨骨折となりますが、乳幼児では頭部に受けた衝撃で骨がへこんでそのために脳自体に損傷が直接来ることがあります。但し発達途上にある脳は柔らかいため、その衝撃を緩衝しやすく、症状が全くない場合もあります。また未熟な脳は一旦損傷が起こるともとには戻りにくいのですが、逆に未熟であるために他の健康な部分の脳が代わりに働いて驚くほどの回復力を見せることがあります。

 このような緩衝作用のため乳幼児の場合はびっくりするほど高いところから落ちても症状が全くない場合もありますが、逆に未熟であるために畳で転んでも非常に重篤な症状を起こすことがあるわけです。乳幼児の頭部外傷は一旦重篤な症状がでると、治療に大変時間がかかりますし、必ずしも良い結果は得られません。

どんな症状

 まず頭を打った時にどの程度の衝撃があったかどうかを知る必要があります。どのような状況で頭を打ったか、打った時にすぐに泣いたかどうか、それとも暫くボーッとして意識がない時期があったかどうかが大切です。

 すぐに泣いた場合は少なくとも生命を脅かすような重大な脳障害は起こらなかったといえ、ちょっと安心です。すぐに泣いて元気なのに、頭を打ったからといって、すぐに病院に連れてこられる方がいますが、そういう場合は1〜2時間待ってみないと症状が出てこないことがあります。元気であればしばらく家で様子を見ていて普段と違うようであれば病院に行くようにして下さい。

 普段と違う症状とは、意識が悪い場合やけいれんを起こした場合はもちろんですが、顔色が青い、嘔吐する、グタっとしてすぐに寝てしまうなどです。

 通常頭部外傷の場合はCTスキャンをとって頭の中を見ますが、乳幼児の場合は動いたり、泣いたりするので、薬を使って寝かさないとCTスキャンができません。元気で症状のない赤ちゃんを薬で寝かせてまで検査する必要はありません。薬で呼吸がしにくくなったりする方が心配です。ですから症状がない場合は家で様子を見て下さい。

 もう一つのポイントは大泉門の状態です。

 乳児では頭のてっぺんに骨がない菱形の部分があります。これが大泉門で1歳半頃まで、触ってわかります。大泉門は脳の圧を反映しています。正常では横になった時や泣いたり、力んだ時に圧が高くなり、少し盛り上がりますが、通常の状態で起きている時は少しへこんでいるのが普通です。
 普段時々大泉門を触ってみて通常の状態を知っておくと良いでしょう。頭部外傷で脳の中に異常があると脳の圧が高くなります。この場合は抱っこして起こしていても大泉門が膨らんで、押すと固く感じます。このような場合は病院へ行って下さい。

 頭部外傷を受けたあと検査では何でもないのに嘔吐を繰り返す場合があります。もともと自家中毒といってストレスがあると嘔吐を繰り返す子供に良く見られます。点滴で改善します。

 普通頭を強く打つと固いこぶができますが、新生児の出産時や、乳児の場合ぶよぶよした柔らかいこぶができることがあります。これは骨と皮膚の間に血が溜まったもので、骨膜下出血の場合と帽状腱膜下出血の場合があります。

 殆どの場合時間が経つと吸収されますが、新生児では時に骨のように石灰化することがありますし、乳児でもなかなか吸収されず、次第に大きくなり、貧血を起こすこともあります。その場合は穿刺して血を抜き、吸収を早めます。

どんな診断・検査

 症状の所で書きましたが、元気なのに受傷直後に病院にこられた場合は1-2時間待ってから必要であれば検査をします。必要でなければ家で様子を見て頂きます。検査は頭のレントゲンとCTスキャンです。レントゲンでは骨折があれば分かりますが、重症の場合は脳の圧が高くなって、骨と骨の間が開いてきますからこれでも分かります。CTスキャンでは脳の中の血腫や脳の損傷が分かります。治療がなかなか難しいものに硬膜下血腫といって、脳と骨の間に薄い血液が溜まる病気があります。軽症のものは治りますが、重症のものはけいれんを繰り返し、脳が萎縮することがあります。このような例では知的障害が出る場合があります。

 よく頭部外傷で脳波を取って欲しいと言う方がいらっしゃいます。入院するような例やけいれん発作がある例では脳波の検査は行いますが、けいれん発作がない例では脳波の検査はあまり重要ではありません。逆に正常とも異常とも言えない場合も多く、そのような場合には無用に心配させることになりますので、必要でなければやる必要はありません。

どんな治療法

 レントゲンで骨折が見つかることは割と多くあります。一応安全のために入院となることが多いと思いますが、骨折だけであれば特に問題はありません。翌日に異常がなければ治療の必要はありません。骨折でも陥没骨折と言って、骨がぺコッとへこんだ状態になることがあります。2歳頃までは骨が柔らかいので自然に治ることが多いです。多少のへこみは特に問題ありません。骨のへこみが強く脳に刺さったようになっていたり、けいれんが起こるようであれば手術で整復します。しかし以前考えられていたより症状を起こすことが少ないことがわかり、以前より手術はしなくなっています。頭蓋内血腫の場合は手術になります。しかし薄い血腫は吸収されるので、症状が軽ければ手術はしません。CTで追いかけて厚くなれば手術をします。

 けいれんは受傷早期におこるものと後になって繰り返すものがあります。受傷早期にけいれんが起こった子供のうち1-2%が後になってけいれんを繰り返します。けいれんを起こした場合はしばらく抗けいれん薬を飲みます。


どんな予防法

 こどもを縛り付けておくわけには行きませんから、予防は難しいですが、乳幼児は大人の目の届くところで遊ばせるのが基本です。

 われわれ医師が戸惑うのは小児虐待による外傷です。折檻児症候群と言って、我が国でも最近問題視されていますが、米国では300万人の子供が虐待されているという統計があります。

 母親の虐待が一番多いのですが、病院に付き添ってくるのも母親が多く、話しを聞いても外傷の様子が曖昧だったり、強い揺さ振りなどの場合は外から見て外傷があったと分からないこともあり、診断が困難です。強い揺さ振りの頭部外傷では急性硬膜下血腫が多く、眼底出血も伴います。将来身体、心理面で障害を残すことがあります。

 子供の頭部外傷の場合注意して欲しいことがあります。ご両親が心配のあまり、子供に過干渉になることです。毎日「頭は痛くない?」と繰り返して聴いていると子供は何か答えるようになってしまいますし、また心配で外で遊ばせなくなったりすると子供の成長発達に影響を与えます。あまり干渉せずに、しかし、しっかりと見守ることが必要です。

アトピーの元凶は「スキンケアの常識」!「肌に優しい洗顔料」など存在しない
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第2回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。第1回「アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも」

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆