「岩本拓」の記事一覧

岩本拓(いわもと・たく)

スタークリニック院長

筑波大学医学専門学群卒業、東京大学大学院医学研究科入学
同修了。国立国際医療センター形成外科厚生技官、東京都立墨東病院形成外科医員、帝京大学形成外科助手、山梨大学皮膚科形成外科診療班学部講師、東名厚木病院形成外科部長などを歴任。最先端の再生医療・幹細胞治療を中心とした予防治療、美容治療、関節・筋肉の障害など分野に積極的に取り組んでいる。

【専門分野】再生医療、幹細胞治療
医学博士、日本医師会認定産業医、日本形成外科学会形成外科認定医、日本創傷外科学会創傷治療専門医

岩本拓

ゴルファー片山晋呉さんの復活の陰に「再生医療」〜幹細胞治療で五十肩の痛みを改善

今年の日本男子ゴルフ界の大きな話題の一つが、10月のマイナビABCチャンピオンシップで片山晋呉プロが史上6人目(歴代5位タイ)となるツアー通算30勝目を挙げたことだ。 しかし、真の立役者が「再生医療」であったことを見抜いたマスメディアは、いまだ皆無である。「首と腰」…続きを読む

ゴルファー片山晋呉さんの復活の陰に「再生医療」〜幹細胞治療で五十肩の痛みを改善
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫