「岩本拓」の記事一覧

岩本拓(いわもと・たく)

スタークリニック院長

筑波大学医学専門学群卒業、東京大学大学院医学研究科入学
同修了。国立国際医療センター形成外科厚生技官、東京都立墨東病院形成外科医員、帝京大学形成外科助手、山梨大学皮膚科形成外科診療班学部講師、東名厚木病院形成外科部長などを歴任。最先端の再生医療・幹細胞治療を中心とした予防治療、美容治療、関節・筋肉の障害など分野に積極的に取り組んでいる。

【専門分野】再生医療、幹細胞治療
医学博士、日本医師会認定産業医、日本形成外科学会形成外科認定医、日本創傷外科学会創傷治療専門医

岩本拓

ゴルファー片山晋呉さんの復活の陰に「再生医療」〜幹細胞治療で五十肩の痛みを改善

今年の日本男子ゴルフ界の大きな話題の一つが、10月のマイナビABCチャンピオンシップで片山晋呉プロが史上6人目(歴代5位タイ)となるツアー通算30勝目を挙げたことだ。 しかし、真の立役者が「再生医療」であったことを見抜いたマスメディアは、いまだ皆無である。「首と腰」…続きを読む

ゴルファー片山晋呉さんの復活の陰に「再生医療」〜幹細胞治療で五十肩の痛みを改善
インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第1回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

インソール(靴の中敷き)については、足のニオイ消しや靴のサイズ調整などでこれまでに使った経験がある人は多いだろう。「靴の中に入れるものはすべてインソールなのですが、目的や役割で分類できるんです」と教えてくれるのは、義肢装具士の大平吉夫さん。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。大平さんにインソールについて詳しく聞いてみた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁