「岩本拓」の記事一覧

岩本拓(いわもと・たく)

スタークリニック院長

筑波大学医学専門学群卒業、東京大学大学院医学研究科入学
同修了。国立国際医療センター形成外科厚生技官、東京都立墨東病院形成外科医員、帝京大学形成外科助手、山梨大学皮膚科形成外科診療班学部講師、東名厚木病院形成外科部長などを歴任。最先端の再生医療・幹細胞治療を中心とした予防治療、美容治療、関節・筋肉の障害など分野に積極的に取り組んでいる。

【専門分野】再生医療、幹細胞治療
医学博士、日本医師会認定産業医、日本形成外科学会形成外科認定医、日本創傷外科学会創傷治療専門医

岩本拓

ゴルファー片山晋呉さんの復活の陰に「再生医療」〜幹細胞治療で五十肩の痛みを改善

今年の日本男子ゴルフ界の大きな話題の一つが、10月のマイナビABCチャンピオンシップで片山晋呉プロが史上6人目(歴代5位タイ)となるツアー通算30勝目を挙げたことだ。 しかし、真の立役者が「再生医療」であったことを見抜いたマスメディアは、いまだ皆無である。「首と腰」…続きを読む

ゴルファー片山晋呉さんの復活の陰に「再生医療」〜幹細胞治療で五十肩の痛みを改善
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔