「発疹」について

皮膚に現れる眼で見て分かる変化を発疹(ほっしん)という。その状態によって斑、丘疹、結節、水疱、膿疱、ビラン、潰瘍、膿瘍などさまざま。皮膚自体の病気、薬物の影響、心因性など原因も多様だ。まずは受診をして原因を突き止めることが重要。

「発疹」から考えられる病気

紅斑
全身性エリテマトーデス
皮膚筋炎
多形(滲出性)紅斑
結節性紅斑
スウィート病
成人スティル病
肝硬変
C型慢性肝炎
帯状疱疹
皮膚悪性リンパ腫
紫斑
単純性紫斑
特発性血小板減少性紫斑病
慢性色素性紫斑
アナフィラクトイド紫斑
色素異常
肝斑
尋常性白斑
悪性黒色腫
丘疹
全身性アミロイドーシス
毛囊炎
猫ひっかき病
水疱
帯状疱疹
天疱瘡
汗疱
結節
関節リウマチ
基底細胞がん
びらん・潰瘍
有棘細胞がん
下腿潰瘍
ベーチェット病
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志