「子どもの眼・耳・鼻の異常」について

子どもの目の病気として注意が必要なのは、弱視や斜視。子どもは見えない世界にすぐ順応できてしまうことがあり、症状を自ら訴えることが少ないのが問題。身近な家族が何か気づいたとき受診を。また3歳ぐらいまでの子どもの発熱で耳や鼻の病気と関係するものが少なくない。

「子どもの眼・耳・鼻の異常」から考えられる病気

流行性角結膜炎
さかさまつ毛
アレルギー性結膜炎
涙囊炎
川崎病
近視
遠視
乱視
斜視
弱視
眼瞼下垂
網膜芽細胞腫
網膜色素変性症
視神経炎
先天緑内障
外耳道炎
急性中耳炎
滲出性中耳炎
アレルギー性鼻炎
副鼻腔炎
白血病
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔