「子どもの眼・耳・鼻の異常」について

子どもの目の病気として注意が必要なのは、弱視や斜視。子どもは見えない世界にすぐ順応できてしまうことがあり、症状を自ら訴えることが少ないのが問題。身近な家族が何か気づいたとき受診を。また3歳ぐらいまでの子どもの発熱で耳や鼻の病気と関係するものが少なくない。

「子どもの眼・耳・鼻の異常」から考えられる病気

流行性角結膜炎
さかさまつ毛
アレルギー性結膜炎
涙囊炎
川崎病
近視
遠視
乱視
斜視
弱視
眼瞼下垂
網膜芽細胞腫
網膜色素変性症
視神経炎
先天緑内障
外耳道炎
急性中耳炎
滲出性中耳炎
アレルギー性鼻炎
副鼻腔炎
白血病
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫