「子どもの眼・耳・鼻の異常」について

子どもの目の病気として注意が必要なのは、弱視や斜視。子どもは見えない世界にすぐ順応できてしまうことがあり、症状を自ら訴えることが少ないのが問題。身近な家族が何か気づいたとき受診を。また3歳ぐらいまでの子どもの発熱で耳や鼻の病気と関係するものが少なくない。

「子どもの眼・耳・鼻の異常」から考えられる病気

流行性角結膜炎
さかさまつ毛
アレルギー性結膜炎
涙囊炎
川崎病
近視
遠視
乱視
斜視
弱視
眼瞼下垂
網膜芽細胞腫
網膜色素変性症
視神経炎
先天緑内障
外耳道炎
急性中耳炎
滲出性中耳炎
アレルギー性鼻炎
副鼻腔炎
白血病
脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆