「子どもの下痢・便秘」について

子どもの下痢はたいてい急性の感染症によるもので、大部分は胃腸炎の場合が多いが、アレルギーや心因性の下痢、食べ合わせなども考えられる。
便秘で注意しなければならないのはおもに乳児の場合。便が2~3日出ないなら、便の性状や腹部のふくれ具合などのチェックをして普段と大きく変わる場合は受診を。

「子どもの下痢・便秘」から考えられる病気

下痢・便秘から考えられる主な病気
難治性下痢症
小児の胃腸病
細菌性急性胃腸炎
消化管アレルギー
乳糖不耐症
食中毒
スマホでオンラインゲーム依存〜1日で課金15万円! 依存者は国内で420万人!?
インタビュー「スマホゲーム依存の実態と治療法」第1回:久里浜医療センター・樋口進院長

日本の成人のうち、ネット依存の傾向のある者は男性は4.5%、女性は3.6%。その数は約421万人と推計されるという。全国にさきがけてスマホゲーム依存症の治療に取り組んでいる独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長に、スマホゲーム依存の実態と治療法について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘