「子どもの皮膚の異常」について

小さい子どもは体の仕組みも十分にでき上がっていないため、細菌やウイルスなどに感染しやすく、皮膚は皮脂分泌が少なく、水分をためこむ機能も未発達。そのため肌を保護するバリア機能が弱く、少しの刺激で皮膚トラブルを引き起こす恐れがある。発症した場合の体力の消耗も大きいため、速やかな対処が必要。

「子どもの皮膚の異常」から考えられる病気

いろいろな発疹
アトピー性皮膚炎
乳児脂漏性湿疹
小児ストロフルス
じんま疹
いぼ
とびひ
ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群
結節性硬化症
黒あざ
先天性巨大色素性母斑
若年性黒色腫
茶あざ
扁平母斑
レックリングハウゼン病
青あざ
太田母斑
異所性蒙古斑
赤あざ
サーモンパッチ
イチゴ状血管腫
赤ぶどう酒様血管腫
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子