「子どもの皮膚の異常」について

小さい子どもは体の仕組みも十分にでき上がっていないため、細菌やウイルスなどに感染しやすく、皮膚は皮脂分泌が少なく、水分をためこむ機能も未発達。そのため肌を保護するバリア機能が弱く、少しの刺激で皮膚トラブルを引き起こす恐れがある。発症した場合の体力の消耗も大きいため、速やかな対処が必要。

「子どもの皮膚の異常」から考えられる病気

いろいろな発疹
アトピー性皮膚炎
乳児脂漏性湿疹
小児ストロフルス
じんま疹
いぼ
とびひ
ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群
結節性硬化症
黒あざ
先天性巨大色素性母斑
若年性黒色腫
茶あざ
扁平母斑
レックリングハウゼン病
青あざ
太田母斑
異所性蒙古斑
赤あざ
サーモンパッチ
イチゴ状血管腫
赤ぶどう酒様血管腫
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔