【病気の知識】

口内炎

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな病気

 一般的に口内炎"呼ばれている疾患は「アフタ性潰瘍」といいます。アフタとは、直径2~11mm程度の円形の境界明瞭な腫瘍で、その周囲に赤みを伴います。感染ウィルスにより、さまざまな症状をきたします。

 アフタには次のようなものがあげられます。

①孤立性アフタ
②ウィルス性のアフタ
③白血球減少に伴うアフタ
④慢性再発性アフタ
⑤ベーチェット病の口腔内の症状としてのアフタ

①孤立性アフタ
 アフタが1個~数個だけできて、すぐに治ってしまうというものです。これに対し、ウィルス性などでアフタが多数できる場合は、アフタ性口内炎として区別されます。

②ウィルス性のアフタ
 ウィルス性の初期に小水疱が形成され、すぐに破れます。その結果、皮膚ではびらんに、口腔ではアフタ性潰瘍になるものがあります。ウィルス性のアフタには、以下のようなものがあります。

【1】単純疱疹:(A)口唇疱疹、(B)疱疹性(ヘルペス性)歯肉口内炎
【2】帯状疱疹
【3】ヘルプアンギーナ
【4】手足口病

【1】単純疱疹
(A)口唇疱疹
 口唇疱疹単純疱疹ウィルス(HSV)の感染による単純疱疹が口唇に生ずるものをいいます。口腔領域では最も多く見られるウィルス性疾患で、人口の3分の1程度が罹患するといわれます。20~30代に発生しやすく、再発性です。口唇粘膜皮膚移行部ないし近接する皮膚に、周囲に紅斑を伴う直径1~3mmの水疱として見られます。水疱は破れず、びらんとなり、かさぶた様の皮膚で覆われ、10日前後で治癒します。
(B)疱疹性(ヘルペス性)歯肉口内炎
 単純ヘルペスウィルスの感染による口内炎で、6歳以下の小児に好発します。感染初期は歯肉が侵されます。1週間の潜伏期間の後、39~40℃の発熱、食欲不振、全身倦怠感などの症状で始まり、リンパ節も腫れます。これに前後して歯肉炎と多数の小アフタを生じます。アフタは痛みを伴い小児は食事を嫌がることがあります。10日前後で治癒します。

【2】帯状疱疹
 帯状疱疹は水痘を起こすウィルスと同一のVaricella-Zoster Virusの感染により起こります。老人に多く、水痘にかかったことがある人にあらわれます。症状としては、発熱、また、片側の一定の神経支配領域に水痘を生じます。顔面では三叉神経領域に多く発生します。三叉神経の第2枝と第3枝が侵されると口の中にも水疱が出現し、破れてアフタとなります。なお、顔面神経麻痺、顔面及び耳の水痘、耳鳴り、めまい、味覚障害などを生じるものもあります。

【3】ヘルプアンギーナ
 ヘルプアンギーナはCoxackie Virus A4の感染(まれにA2、A5、A6、A8、A12)によって生じるアフタ性の咽頭炎です。1~4歳児に多く見られ、水疱が口の後部と咽頭に生じ、嚥下痛と咽頭痛を生じます。治療には水分補給が大切で、1週間前後で自然治癒します。

【4】手足口病
 Coxacki Virus A16の感染によって生じます。1~3歳に多く見られます。潜伏期間は3~5日です。両手、両足、口に発疹が見られ、口の中では頬粘膜、口唇、舌下部硬口蓋に水痘が生じ、すぐに破れて2~3mmのアフタが生じます。5日前後で自然治癒します。

④慢性再発性アフタ
 慢性再発性アフタは、粘膜疾患のうちで最も頻度が高く、全人口の20%近くは罹患すると考えられています。

⑤ベーチェット病の口腔内の症状としてのアフタ
 粘膜、眼、皮膚、及びその他の臓器に症状を現す全身炎症性疾患です。

どんな症状

ウィルス性のアフタ
 感染ウィルスにより、さまざまな症状をきたします。

慢性再発性アフタ
 口の中に1~数個、直径3~5mmのアフタがくりかえしできてきます。頬粘膜、口唇、舌、歯肉の順にできやすく、20~30代の女性に多く見られます。触ると激しく痛み、10日前後で治ります。瘢痕を残すことはありません。また、時には大アフタ(直径10mm以上の深い潰瘍)になることがあります。

ベーチェット病
 口腔粘膜の再発性アフタ、結節性紅斑などの皮膚症状、虹彩毛様体炎、網膜ブドウ膜炎などの眼症状、外陰部潰瘍、以上4つの主症状があります。20~30代、特に性差はなく、男性の方が重症化しやすい傾向にあります。

どんな検査

 アフタの種類、原因をつきとめ、治療を行うために鑑別診断を行います。皮膚を針で軽く刺します(針反応)。ベーチェット病の場合、針を刺した箇所の赤みが増していき、48時間後には膿瘍を形成します。

どんな治療法

 疱疹性ヘルペスの場合は安静が第一です。必要ならば経管栄養、輸液を行います。二次感染の予防として抗生物質、刺激のないうがい薬が処方されます。

 帯状疱疹によるものでは、対症療法が行われます。顔面神経麻痺には副腎皮質ホルモン及びビタミン剤投与、星状神経節ブロックなどが行われます。

 慢性再発性アフタには薬物治療を行います。テトラサイクリン系抗生物質や非ステロイド系消炎剤、副腎皮質ホルモン剤の軟膏及び付着錠(塗布)が処方されます。

 ベーチェット病も主に薬物治療です。非ステロイド系消炎剤、コルヒチュレ、免疫抑制剤、免疫賦活剤などが投与されます。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇