「果汁100%ジュース」は太る!食物繊維が豊富な果物そのものを食べたほうがダイエット効果あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「野菜果汁ジュース」は「野菜」ではない!?

 

 さて、野菜果汁100%ジュースはどうか? 太るのか? 果物や野菜なら痩せるのか? 野菜の1日あたりの摂取量の目安は350gとされる(厚労省「健康日本21」)。野菜果汁100%ジュースのメリットとデメリットを整理しよう。

 まずは野菜果汁ジュースのメリットから――。

 ワンパケージの缶入りや紙パックの商品をいつでも買えるので、ジューサーなどで絞る手間や時間が一切かからない。低価格のため、飲み続けられる。果汁入りなので甘く、野菜嫌いの人でも飲みやすい。しかも、飲みたくなれば、外出先のコンビニやスーパーなどで、さっと手軽に買える。開封しなければ、保存がきくので年中飲める。

 つまりは、忙しい現代人のコンビニエントなライフスタイルのニーズにピタッと合っている。それが野菜果汁ジュースの何よりのアドバンテージ(強み)だ。

 かたや、デメリットはどうだろう?

 保存や運搬の利便性のため、濃縮還元し、加熱殺菌しているので、含有する有機酸、ビタミン、消化酵素などが破壊されるため、野菜に含まれる栄養素を過不足なく摂取しにくい。

 濃縮還元とは、煮沸、真空、凍結などで水分を絞った後、水分、糖質、香料、調味料を加えて元の濃度のジュースに加工した状態だ。特に高温で熱すると、熱に弱い水溶性のビタミンCは失われやすい。ただ、熱に強いビタミンA・βカロチン、脂溶性のビタミンE、葉酸、カリウム、鉄分などは熱処理で失われにくい。

 また、水に溶けない「不溶性食物繊維」は、製造過程で搾りカスとして取り除かれるので、ほとんど含まれない(約1g程度は含まれる場合がある)。整腸作用や老廃物の代謝作用があり、本来摂れるはずの「不溶性食物繊維」が失われているため、野菜、果物、海藻などで摂取しなければならない。

 さらに、たとえば「野菜汁60%、果汁40%」の成分表示にあるように、糖質を制限したくても余分な果汁を摂らなければならない。糖質が多く、カロリー過剰につながりやすいので、ダイエットに適しているとは言えない。

 また、原材料がトマトやニンジンなどに偏りがちなので、栄養素バランスが偏り、たくさん飲んでも摂れる種類が限られる場合が少なくない(バランスを配慮した商品もある)。

 さらに大きなデメリットがある。噛んで消化する咀嚼力が弱まる点だ。つまり、野菜果汁ジュースは、噛まないので、満腹中枢刺激による食べ過ぎを抑える効果が衰えやすい。したがって、消化酵素の分泌が促進しないため、消化吸収が弱まる。脳の活動機能が低下する。肥満になる。唾液分泌による虫歯の予防が進まない。顎関節の働きが強まらない。顔の筋肉が引き締まらなので、小顔効果が期待できないなどのリスク(弱み)が生じる。

 つまるところ、野菜は食物だが、野菜果汁ジュースは飲み物にすぎない。野菜と同じ効果やバランスが望めないのは当然至極なのだ。

 野菜ジュース=健康、という方程式は磐石ではない。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫