シリーズ「生活保護受給者のギャンブルは許されるか?」第2回

生活保護受給者の“リアル”を描く~話題の漫画『健康で文化的な最低限度の生活』

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活保護の現状を知るための格好のテキスト

 登場人物の顔が生き生きと描写されることで、生活保護受給者と一口にいっても、それぞれの人がみな十人十色の背景を抱えている、という当たり前だが忘れられがちなことが、しみじみと伝わってくる。

 いつも悩んでばかりで頼りなげな主人公・えみるも、巻数が進むに従い次第に成長していき、第3巻では真面目で優秀な同僚が聞き出せなかった受給者の悩みをあっさりと打ち明けてもらえる一幕も。生活保護の現状を知るための格好のテキストとも言えるこの作品。これからはどんな問題を俎上に載せてくれるだろうか。


里中高志(さとなか・たかし)
1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉士。フリージャーナリスト・精神保健福祉ジャーナリストとして、『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行