コロナ感染者の急増、社会の動きを止めないために求められること

現在アメリカではあまりにも急激にコロナ感染者が増大してしまって、病気の治療ばかりでなく感染者と濃厚接触者の隔離義務のために働き手が不足するという事態に直面している。特に医療現場や航空関連、その他企業への影響は甚大で、社会を動かしていくことが難しくなってきた。アメリカでコ…続きを読む

コロナ感染者の急増、社会の動きを止めないために求められること
好評連載

9月入学・始業はICTの拡充とセットにして初めて効果がある

9月入学・始業はICTの拡充とセットにして初めて効果がある

花粉症の根本改善は可能なのか? 漢方薬は花粉症にこう効く!

花粉症の根本改善は可能なのか? 漢方薬は花粉症にこう効く!

かき氷頭痛・アイスクリーム頭痛はどうして起きるのか? 最新知見から考える

かき氷頭痛・アイスクリーム頭痛はどうして起きるのか? 最新知見から考える

ついにわが国でも医療用大麻が抗てんかん薬となるか!?

ついにわが国でも医療用大麻が抗てんかん薬となるか!?

イチロー引退で注目の「翼状片」、充血改善の市販点眼薬は要注意…充血や異物感で視力低下も

イチロー引退で注目の「翼状片」、充血改善の市販点眼薬は要注意…充血や異物感で視力低下も

日本は未だに脳出血多発国、午前中の発症に注意。脳梗塞のリスクは夜間睡眠中

日本は未だに脳出血多発国、午前中の発症に注意。脳梗塞のリスクは夜間睡眠中
カテゴリ別記事

免疫・腸内細菌

    バナー1b.jpeg
    HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
    世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

    前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

    毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

    nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
    Doctors marche アンダカシー
    Doctors marche

    あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

    内田千秋

    (医)スターセルアライアンス スタークリニック …

    竹島昌栄

    ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

    後藤典子