「夜勤」は寿命を10年以上縮める? 夜勤が招く流産、肥満、がんのリスク

セブンイレブンの24時間営業問題では、営業時間短縮の実験が3月から直営店10店で開始しされ、その後、4月下旬時点の約100店となり、さらに広がりを見せているという。同社の看板でもある24時間営業が新しい社会情勢に対応せざるを得ない形となっている。 一方、より健康面のリス…続きを読む

「夜勤」は寿命を10年以上縮める? 夜勤が招く流産、肥満、がんのリスク
好評連載

イチロー引退で注目の「翼状片」、充血改善の市販点眼薬は要注意…充血や異物感で視力低下も

イチロー引退で注目の「翼状片」、充血改善の市販点眼薬は要注意…充血や異物感で視力低下も

春の「頭痛」は急性ストレス障害、二つの「習慣的な行動」で解消も

春の「頭痛」は急性ストレス障害、二つの「習慣的な行動」で解消も

治療用顕微鏡を使った「歯の神経治療(歯内療法)」の3つの方法

治療用顕微鏡を使った「歯の神経治療(歯内療法)」の3つの方法

脳ドックで脳動脈瘤が見つかったらどうする 手術か経過観察かどちらが正しい?

脳ドックで脳動脈瘤が見つかったらどうする 手術か経過観察かどちらが正しい?

市販薬に含まれる「カフェイン」による急性中毒症!自殺目的で若年者を中心に広く深く蔓延

市販薬に含まれる「カフェイン」による急性中毒症!自殺目的で若年者を中心に広く深く蔓延

辛いものを食べると頭痛が起こる? 催涙スプレーや新しい片頭痛治療薬の開発にも注目

辛いものを食べると頭痛が起こる? 催涙スプレーや新しい片頭痛治療薬の開発にも注目
カテゴリ別記事
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇