「医療」の記事一覧

10~15%の女性が陥る産後うつ 日本の産後うつ病対策はどうなっている?

米国のCCD(疾病管理予防センター)によると、米国の妊産婦のおよそ9人に1人が産後うつ(PPD)を発症している。また、国立成育医療研究センターによれば、2015年~16年の2年間に妊娠中または産後1年未満の産後うつ病の自殺者は102人に上っている。 産後うつ病になると、…続きを読む

10~15%の女性が陥る産後うつ 日本の産後うつ病対策はどうなっている?

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気

2019年1月、巣鴨駅前胃腸内科クリニックに日本初の「胃弱外来」が開設された。この巣鴨駅から2分という至極便利な立地にあるクリニックで日々、診療にあたっているのが神谷雄介院長だ。「胃弱」は医学的な病名ではなく、あまり馴染みのない『機能性ディスペプシア(Functiona…続きを読む

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気

生理用品はすべての女性の基本的人権であり生活必需品 海外では課税廃止も

インドで生理用品の開発に奮闘する男の奮闘を描いた映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』が話題となった。この映画は生理用品を買えないインドの女性の苦境や、13億人もの人口を抱えるインドの苦悩を淡々と訴えている。伝統的なカースト制度がもたらす差別や貧困格差、ヒンドゥー教徒と…続きを読む

生理用品はすべての女性の基本的人権であり生活必需品 海外では課税廃止も
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇