「医療」の記事一覧

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性

新型コロナウイルス(COVID-19)の治療で注目される幹細胞治療。なぜ今幹細胞治療がCOVID-19に有効だと期待されているのか。 これまでに、骨や軟骨、血管、心筋細胞に分化できる能力をもつ体性幹細胞の一つであるMSC(間葉系幹細胞)は抗炎症作用や増殖誘発作用、血管新…続きを読む

幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性

後手後手の政府のコロナ対策で民間急性期病院が悲鳴!

COVID19感染症が拡大しています。状況変化が急激であったためと思いますが政府の方針は変遷を繰り返しています。当初の武漢しばりは言うまでもなく、体温37.5℃でのしばり等、今になると後手後手と言われても仕方ない。 問題点は多数ありますが大きく3点に分けられるように…続きを読む

後手後手の政府のコロナ対策で民間急性期病院が悲鳴!

高齢者の腰痛に社会的格差との深い関連指摘 慢性腰痛の原因となるストレス

「頭痛がする」「足腰が重い」「起き上がるのが辛い」「立ち上がる時に腰や背中が痛む」。日本人の腰痛の生涯有病率はなんと83%! 体幹筋機能の低下は腰痛の発症やQOLの低下につながる。特に高齢になればなるほど、腰痛は深刻化する。 東北大学大学院国際歯科保健学の杉山賢明氏らの研…続きを読む

高齢者の腰痛に社会的格差との深い関連指摘 慢性腰痛の原因となるストレス
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子