「先進医療」の記事一覧

尿1滴でがん検診、線虫が15種のがんを1時間半で検出可能、ついに実用化へ

がん検診がどこまで進化するのか――。その基本構造を変革し得るかもしれない先進検査技術が実用化されると話題になっている。 体長わずか1ミリの「線虫」が、がん患者の尿を高い精度で嗅ぎ分けるという研究が報じられたのは2015年3月。その後、九州大学でこの研究を主導した広津崇亮…続きを読む

尿1滴でがん検診、線虫が15種のがんを1時間半で検出可能、ついに実用化へ

ステージ4の「がん」が消えた…副作用のない自然治癒が注目、カギは食事と運動

昨年10月、がんに関する大ニュースが世界中を駆け巡った。京都大学の本庶佑特別教授が、米テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンターのジェームズ・アリソン教授と共にノーベル医学生理学賞を受賞したというニュースだ。免疫をがんの治療に生かす手がかりが発見されたことで新しいタイプ…続きを読む

ステージ4の「がん」が消えた…副作用のない自然治癒が注目、カギは食事と運動

iPS細胞研究への予算“偏重”という誤り…大学病院が再生医療の治療応用を妨げる

再生医療は本当に大丈夫なのか? 時折、違法診療で注目されるずさんなクリニックの診療体制と莫大な研究費を投じて遅々として進まないiPS細胞の臨床応用。一般の患者としてはどんな成果を期待できるのか?あるいは何を選択の基準とすればいいのか?「再生医療等の安全性の確保等に関す…続きを読む

iPS細胞研究への予算“偏重”という誤り…大学病院が再生医療の治療応用を妨げる
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫